案内

2018年2月 4日 (日)

【豊受商品】 豊受米、薄力粉、梅干しが入荷いたしました!

Sdscf0858豊受自然農で収穫した「お米」、「小麦」を製粉した薄力粉、「うらべに紫蘇」を使った梅干しが入荷いたしました!
先月のJPHMAでも先行販売されておりましたが、いよいよ大阪ショップでも販売を開始いたします!
どうぞよろしくお願いします!!

●豊受米
 容量 : 2.0 kg
 価格 : 2,400円(税別)
●豊受の薄力粉
 容量 : 300 g
 価格 : 500円(税別)
●梅干し
 容量 : 200 g
 価格 : 1,500円(税別)

2018年2月 3日 (土)

季節限定!豊受オーガニクスチョコクッキー入荷!

バレンタイン間近!Sdscf0854
毎年恒例の、豊受のチョコクッキーが入荷いたしました。今年は以下の3種類がセットです!

素材にこだわった豊受のチョコクッキー。大切な人へのプレゼントや、ご自身へのご褒美にどうぞ♪

 ●カシューナッツチョコレートクッキー
 ●レーズンチョコレートクッキー
 ●竹粉チョコレートクッキー


 容量 : 3枚入り
 価格 : 800円(税別)

2018年1月11日 (木)

1/12~1/15 JPHMAコングレス開催に伴う営業・休業について

================================================
 CHhom大阪校・ホメオパシーセンター大阪本部
 臨時休業・臨時営業のご案内
================================================
 1月12日(金)~14(日) JPHMAコングレスのため臨時休業いたします
 1月15日(月)  イベント開催のため臨時営業(マリナ氏 講演会)

2018年1月 6日 (土)

恒例の新春ホメオパシートーク開催されました。初売りセールも大盛況!!

2018本日はCHhomのお正月恒例行事、
「新春ホメオパシートーク」が開催されました。皆さま楽しみにされているとらこ先生の書初めも行われました。

今年お書初めは「感情を表現させてあげる」。

2018年は、インチャ癒しにさらに磨きをかけるお言葉をいただきました。豊受自然農の農場や洞爺の農場、地方の各校からの年頭のご挨拶もあり、大阪からは麻野・由利両ホメオパスからご挨拶と京都シンポジウムのご案内をさせていただきました。

毎年恒例となってきましたこのイベント企画ですが、1年の始まりにホメオパシーを愛する多くの方に集まっていただき、共にホメオパシーや自然農、自然な生き方に共感し、感謝できる事を幸せに感じております。

終了後にはこちらも恒例の「新春初売りセール」。
豊受の野菜やハーブを使った化粧品はもちろんの事、ほめ補酵素やホメガオイルなど加工食品も大好評、皆さま沢山のお買い物をしていただきました。


20170402_kyoto_01
◆5/13(日)「第7回 日本の農業と食シンポジウム」in京都
 詳細はCHhomホームページにて近日公開!

2017年12月30日 (土)

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年も間もなく終わりますね。

今年はどんな年でしたか?
2018年がより一層飛躍の年となりますよう、
自分らしい生き方ができる年になりますことを願っております。

2018年もイベント目白押しです。
どうぞよろしくお願いいたします。

1/6(土) 新春トークからCHhomのイベントスタートです!
(初売りは1/5からです)

================================================
 CHhom大阪校・ホメオパシーセンター大阪本部
 年始のご案内
================================================
20180106_main_0_2
12月30日(土)~1月4日(木) 休業日

1月 5日(金)  09:30~17:30 初売り
1月 6日(土)  11:00~ 新春ホメオパシートーク
          (16:00閉店
1月 7日(日)  通常営業いたします
1月 8日(月)  祝日のため営業いたします

どうぞよろしくお願いいたします。

2017年11月19日 (日)

★JPHMAコングレス 「特別ご優待チケット」のご案内!

JPHMAコングレスへの参加をご検討されている、
とらのこ会員様、一般の方にお得なチケットのご案内です!

2018年1月13日(土)14日(日)開催されますコングレスですが、
「コングレス特別ご優待チケット」をぜひご活用ください!

このチケットをお使いいただきますと、
1ランク上の参加区分価格で参加が可能となります!

とってもお得なチケットは、各ホメオパシーセンター・ホメオパス、
CHhom取扱所・CHhom各校にて購入することが可能です。
ぜひ、ご利用ください。(詳細はコチラ
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ◎とらのこ会員  ⇒ 「CHhom学生」 価格で参加可能!
 ◎一般の方    ⇒ 「とらのこ会員」 価格で参加可能!
Photo_2
※チケット購入日によって、価格が異なります。

★お問合せは、CHhom大阪校まで!(TEL:06-6368-5355)

2017年11月17日 (金)

2017年度 JPHMAコングレス「バナー」できました!

来年の1月に開催されますJPHMAコングレスですが、バナーができました。
バナーを貼ってくださる方を募集しております!

現時点で決まっているゲストとして、
植物療法の先進国ルーマニアから、マリナ・シウマス・リムブ医学博士&ホメオパスが来日発表決定しております。先月の欧州スクーリングのルーマニアのカンファレンスの際、由井会長招聘の発起人となられ、CHhomスクーリングの際には、シビウの街やハーネマンミュージアム訪問の際にも御同行いただき、大変お世話になった方です。
ジェモ(植物幹細胞療法)セラピーについてお話をしていただく予定です!


◆バナーは以下へアクセスしてください!
 http://jphma.org/congress2017/2017/11/banner.html

Bn_congress2017_550x300_2

2017年10月27日 (金)

10/29(日) 秋の味覚を楽しむためのホメオパシー 『食と腸活』

日本人と発酵食品は、歴史的に見ても密接につながっていますね。
お味噌、お醤油、お酢、塩麹、醤油麹、納豆にお漬物などなど。。。
日常の食生活にも欠かせないものが多くあります!
お腹がしっかりしていないと活力も湧いてきません。。。

日々口にする食べ物やストレスから、お腹へのダメージも
少なからずあるのではと思われます。

そんな日本人の現状も交え、胃腸の働きや性質を解説し、
自然療法や食養生で蘇らせる方法を、CHhom講師としても
人気の新城先生がお話しされます!
オススメの講座です!
-------------------------------------------------------
【詳細&お申込み】_01_3
●イベント名
 秋の味覚を楽しむための
    『ホメオパシー 食と腸活セミナー』
●開催日時
 10月29日(日) 14:00~16:00
●講 師
 新城英一 JPHMA認定ホメオパスNo.0452
●参加費
 ・一般:2,500円
 ・とらのこ:2,000円
 ・CHhom学生・JPHMA会員・JPHF認定者:1,250円
●会 場
 CHhom東京校 ライブ
 CHhom各校  中継

●お申込み&詳細
 http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20171029_1.php

2017年10月22日 (日)

11/5(日) とらこ先生と行く!『豊受自然農 秋の収穫祭』

秋の収穫祭の日程が決定いたしました!

◆詳細・お申込みはコチラ
 http://www.homoeopathy.ac/11reserve/2017toyouke_autumn.php

毎回、早くに定員に達しますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください!
1105__01

2017年10月 6日 (金)

10/6(金) 豊受野菜 入荷情報!

10月に入り、朝夕はすっかり涼しくなってきましたね。
衣替えはお済ですか?
今日はあいにくの空模様ですが、秋を満喫する予定などこれから計画していきましょう!豊受の収穫祭も11月に予定されています。詳細はもうしばらくお待ちください。

豊受野菜が本日入荷いたしました!

本日、野菜が入荷いたしました!
店頭にある野菜は以下のラインナップです!
 ・玉ねぎ(湘南レッド)Photo
 ・さつまいも(紫芋)
 ・じゃがいも(花標津、マチルダ)
 ・葉人参(黒田五寸)
 ・ピーマン(伊勢)
 ・ししとう(ピッコロ)
 ・万願寺唐辛子
 ・モロヘイヤ

 ・空芯菜
 ・九条ネギ
 ・二十日大根new
 ・のらぼうなnew
 ・滝の川ごぼうnew


<ごぼう> ※画像は掘り出しの様子
ゴボウの成分は8割が水分で、ビタミン類も少なく栄養価は低いのですが、食物繊維を含んでいるため、整腸作用、動脈硬化予防などの効果があると言われています。
ゴボウを食用として利用するのは日本のみで、ヨーロッパでは若葉をサラダにして食する地域があるが根は食用にしないため、欧米の人々は「日本人は木の根を食べるのか」と不思議に思われているようです。ゴボウの代表的な料理の1つ、キンピラゴボウが盛んに作られるようになったのは、江戸時代後期からだそうです。

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
Copyright (C) 2012 College of Holistic Homoeopathy All Rights Reserved.