« 母ちゃん顔晴るぜ!(250) | トップページ | あきよ先生の「ホメオパシーなひとりごと(001)」 »

2021年2月12日 (金)

母ちゃん顔晴るぜ!(251)

こんにちは。

日本ホメオパシーセンター大阪本部ホメオパスの富田沙織です。


季節の変わり目のせいなのか、体調不良の人が周りで増えています。Ilm19_ca01033s_20200220173701


友人が、花粉症の症状なのか、風邪の初期症状なのか、分かりにくいと嘆いてました。


ホメオパシーを使っていると、風邪か花粉症か、ということはあまり気にしないんですよね。Ilm16_cd06013s_20200227182301

大事なことは、病名ではなく、出ている症状だからです。

とにかく出ている症状に合わせる。


鼻水

喉の痛み

悪寒

などなど、いろんな症状があると思います。

Hlt006bs_20200305183801
鼻水は、粘っこいのか、サラサラなのか。

咳は、止まらないほど咳込むのか、イガイガを取りたいだけの咳払い程度なのか。

喉の痛みは、ズキズキと腫れぼったいのか、ヒリヒリと火傷のように痛むのか。


また、症状の出やすい時間帯や体勢などもありますよね。


代表的な風邪の症状、花粉症の症状といっても、特徴がこれほど違うのです。

じゃあ、症状に合わせるっていっても、どの症状に合わせたら良いの?って思われるかもしれません。


それでも、ホメオパシーを難しく考える必要は無いのです。


ホメオパシーは同種療法。

同種は同種、似た物と捉えていただいて良いかと思います。

同一でなくて良いのです。


そして、基本キットのレメディー達は、ポリクレストといって、たくさんの症状をカバーできます。

ちょっとくらい症状に当てはまらなくても、どこかには引っかかってくれます(笑)。

風邪の症状にと思って、とったそのレメディーによって、いつの間にか指先のささくれが治ってた、なんていうのも嬉しいことですよね♪


症状に気がついたら、それくらい気軽に、早めにとって頂きたいです。


どれをとったら良いか分からないIn-japan

これだと思ったレメディーが手元に無かったから何もとらなかった。

こういう方もいらっしゃいますが、私は、とらないよりは、どれかには合うだろうと、何かとる方をおすすめしますね。


だって、同種、なんですもの。


大きく目立たないだけで、小さな特徴もたくさん持っているのがポリクレストのレメディー達。


だから、きっと、何かは引っかかりますって♪


そして、その、しゃーなしにとったレメディーが意外と良かったりするものだから、ホメオパシーは本当に面白いんです!

自分のことって、存外、分からないものだったりしますからねぇ。


はい、早め早めのホメオパシー。

いよいよ花粉症の本格飛散が始まりますので、症状のある方は、気を付けてお過ごしくださいね。

そして副作用の一切ない安心安全なホメオパシーを、まだ知らない方にはぜひおススメしてあげてくださいね♪


自己治癒力を、免疫を、自分自身で高めていれば、怖いものが減って、楽に生きられるようになっていけますよ~。


今回もお読みいただきまして、本当にありがとうございます。

次回もどうぞ、よろしくお願いいたします。

 



___________________________________________________________________

Sdscn3380-200503

 

富田沙織ホメオパス   
 日本ホメオパシーセンター大阪本部
富田先生は毎週木曜日の健康相談会をご担当。
お二人のお子様をお持ちのママさんホメオパスですので、
子育て・育児でお悩みの方はぜひご相談ください!
各種セミナーや座談会など講師としても活躍中!!