« 母ちゃん顔晴るぜ!(195) | トップページ | 母ちゃん顔晴るぜ!(196) »

2019年10月31日 (木)

JPHMAコングレスの見どころの1つは、症例発表!

73067256_143404953680876_221202116232452
一足早く、JPHMAコングレスのFacebookにて、学術発表の一覧が紹介されています。
https://www.facebook.com/jphmacongress/

●メインステージ発表
<12/20(金)>
「リウマチからの2次性の線維筋痛症が、鍼灸とホメオパシーで改善したケース」橋本孝子ホメオパス(仙台錦ヶ丘)
「自分を許し受け入れることで、心房細動・不整脈が改善したケース」 豊池明子ホメオパス(福岡長丘 他)
「「人工関節しかない」と診断された変形性股関節症が大きく改善。軟骨が再生し、歩行できるように」 新城英一(東京総本部 他)
「 ホメオパシーでの災害対策の有効性 ~台風15号 千葉鴨川で被災した経験から~」 安田真美野 ホメオパス

<12/21(土)>
「線維筋痛症の激痛から解放され、日常生活と未来への希望を取り戻したケース」 佐藤文子ホメオパス(札幌西11)
「職場での不安感と動悸・不眠・アルコール依存と鬱からの脱却」 杉浦美奈子ホメオパス(愛知三河安城)
「犬の胆汁障害性肝炎における急性期にQX-SCIOを使って対処したケース」 今村香ホメオパス(滋賀草津)
「インナーチャイルドの気づきと治癒力アップに有効な日本のジェモエッセンス」 片上敦子ホメオパス(練馬平和台)

●ポスター発表(12/21昼休み後)
<ステージ発表:12/21>
「5ヶ月で子宮筋腫、内膜症、卵巣肥大がすっかり消えたZENホメオパシー」 工藤聖子ホメオパス(千葉船橋本町 他)
「緊急手術も想定していた卵巣のう腫が短期間で消失したケース」 鎌田砂江子ホメオパス(福井恐竜渓谷)
「水のレメディーによる甘酒の糖度の変化」関守桂子 CHhom学生
「家族全員がレメディー・フラワーエッセンスをとり、精神面で相互に影響し合い改善したケース」 岡本祥子ホメオパス(東京吉祥寺御殿山)
「発達障害(自閉症)が改善し、生き生きと学校生活ができるようになったケース」安武由希子ホメオパス(福岡香椎)

<ポスター前発表・掲示>
「幼児期から続くひどい口臭に劇的な改善が認められたケース」 古林幸子 ホメオパス
「のら猫の大怪我がホームキットとハーブのマザーチンクチャーで改善したケース」 松倉美都子 CHhom学生
「間質性膀胱炎の激痛が改善したケース」 橘央子ホメオパス
「76歳男性の癲癇が軽減したケース」 石田信子 CHhom学生
「生理不順・喘息が改善し、服用していた薬をやめることができたケース」 長谷川友美ホメオパス(練馬大泉学園)
「リウマチと身体の痛みや緊張のケース」 岡本祥子ホメオパス(東京吉祥寺御殿山)
「ホームキットを活用することで、おたふく風邪が早期に治癒したケース」 和泉田聡美 JPHMA会員 CHhom学生
「ありのままの自分を受け入れることで、育児中のイライラが改善したケース」 富田沙織ホメオパス(大阪本部)
「6歳男児 陰茎のイボがThuj.のレメディーとチンクチャーを併用することで早期に改善したケース」 光山久都ホメオパス(さいたま御蔵)
「ジョギングにおけるHep.の筋肉痛予防とパフォーマンス向上の可能性」浅見真由美 JPHMA会員 CHhom学生
「家族の言葉がナイフのように感じることや様々な症状が改善したケース」竹内基幸ホメオパス(名古屋本部)
「夫からのDVを受ける中で克服した不眠と憂鬱感」長谷川希生ホメオパス(韓国ホンソン)
「ストレスや原因物質除去により、リウマチの症状が軽減したケース」松本美千代ホメオパス(名古屋本部)
「卵と小麦のアレルギーが改善したケース」片山里美ホメオパス(石狩当別)
「長期服用の頭痛薬を手放し、精神的にも前向きになったケース」菱田香ホメオパス(岐阜神戸)
「母親のインナーチャイルドを癒すことで、子どもの失禁が一気に改善したケース」鎌田砂江子ホメオパス(福井恐竜渓谷)
「インナーチャイルドに気づき癒すことにより、頻繁に繰り返していた下痢が改善したケース」長谷川友美ホメオパス(練馬大泉学園)
「インナーチャイルドを癒して本当の自分と繋がるということ -健康相談会のもう一つのゴール-」伊藤真愉美ホメオパス(千葉幕張ベイタウン)
「子宮頚癌高度異形成が消えたケース」砂田裕一ホメオパス(北区赤羽 他)
「CHhom インナーチャイルドセラピスト養成コースに感謝を込めて」木村惠美子 認定FH CHhom学生
「夜尿症(7歳 男児)の改善事例」川崎浩司ホメオパス(神戸西神中央)
「首の痙性斜頸による歩行困難が改善したケース」品川麻衣 JPHMA会員 CHhom学生
「子供にとって最良のレメディは家族、家族にとって最良のレメディーは子供」林優孝ホメオパス(長野信州上田)
「臀部の湿疹が改善した11歳女児のケース」池間早苗ホメオパス
「絶望感を覚えるほどの知覚過敏による仙骨部痛が改善したケース」島由美子ホメオパス(佐賀高木瀬)
「0歳の男の子のアトピーが、ステロイド使用せず3回の健康相談会で改善したケース」野崎朝美ホメオパス(南宇都宮)
「半年で、乳、蕎麦、ピーナッツ、カシューナッツの食物アレルギーが改善したケース」野崎朝美ホメオパス(南宇都宮)
「8歳の男の子の猫アレルギーが、4回の健康相談会で改善したケース」野崎朝美ホメオパス(南宇都宮)
「穏やかな最期の為のレメディー」福岡成海ホメオパス(神奈川厚木)
「アトピー性皮膚炎がインナーチャイルド癒しとともに大きく改善したケース」小林智美ホメオパス(東京総本部)
「ZENホメオパシーで改善した症例 20例(仮)」菊田雄介ホメオパス(東京総本部)
「感情を受け止め魂で感謝することで人生を肯定できるようになり身体の症状も改善したケース」笈田祐友子ホメオパス(札幌本部)
「頭頂の有棘性の疣(イボ)が短期間で取れたケース」加藤育代ホメオパス(愛知弥富)
「脳梗塞による顔面麻痺等の症状が改善し、以前と変わらぬ生活へ戻れたケース」加藤育代ホメオパス(愛知弥富)
「Chisso-Cの活用によって、破壊的傾向や顔を中心とした皮膚湿疹が改善したケース(仮)」寺澤カンナホメオパス(那覇奥武山町)
「進行した「ひょうそ(化膿性爪囲炎)」のケース 新城英一ホメオパス(東京総本部 他)
「手腕の不自由が改善したケース」土橋晃子ホメオパス(東京総本部)
「クラミジア感染症が改善したケース」岡本富士子ホメオパス(和歌山小雑賀)
「痛みと高熱の好転反応を乗り越え、4か月で、心と体の症状が著しく改善したケース」菅野幸二ホメオパス(東京総本部)

※最新学術テーマ名は、大会ホームページで確認ください。演題テーマ等、予告なく変更する場合がございます。ご了承ください。(2019年10月25日現在の情報です)
※( )内はホメオパシーセンター名となります。
--------------------------------------------
===お得な早割11/30まで===
<第20回JPHMAコングレス記念大会 開催概要>

大会テーマ::「体・心・魂を癒す氣の医学 ZENホメオパシーが人類を救う!」

日 時:2019年12月20日(金)10:30~17:55(予定)
    2019年12月21日(土) 9:45~17:05(予定)
会 場:世田谷区民会館(ライブ会場)、CHhom札幌校(中継)
大会長:松尾敬子(JPHMA会長)
主 催:日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)


▼第20回JPHMAコングレス記念大会 特設サイト&お申込み
http://jphma.org/congress2019/