« 母ちゃん顔晴るぜ!(162) | トップページ | 豊受の「オランジェット」、食べてみてね♪ »

2019年2月17日 (日)

麻疹(はしか)感染者が出ているニュースが出ています。。。

大阪府や三重県で麻疹(はしか)の感染者が増えているというニュースが流れています。どのような症状であるのかを正しく理解して、ホメオパシーをはじめ、必要と思われる対応を取っていきましょう。

インフルエンザも流行っている時期ですので、いつもと勝手が違う症状が出てきたときには、早め早めの対策を考えましょう。
_________________________________________________________________________________________________________________________

麻疹(はしか)とは…
麻疹(はしか)は、麻疹ウイルスによって引き起こされるIlm09_ad18005s
病気で、感染力がウイルスの中で最も強く、麻疹を発症
している人と同じ部屋にいるだけで感染することがあり
ます。

どうやってうつる
ウイルスに感染したヒトに直接さわったり、そのヒトの
吐いた息や咳に含まれる唾液などからうつります。
(10~14日間の潜伏期間があります)

症状
最初は、38℃前後の発熱、咳や鼻水・くしゃみ、目やに
のような症状といった風邪をひいたような状態になります。
このタイミングでは麻疹とは分かりにくいそうです。
この症状が2~4日続いた後、いったん熱が弱まります。

一旦熱が落ち着いてから半日後位に高熱(39℃~40℃)になります。
それと同時に、首や顔から全身に赤い発疹が広がっていきます。

----------------------------------------------------------
◆ホメオパシー的対処法
 (ホメオパシー出版「ホメオパシー的予防」より)Photo_2

◎Morb.(モービライナム/麻疹ウィルス)

 ・はしかにかかった時に現れるあらゆる症状
  はしかが流行っている時の予防に
  かかってしまった後、ウィルスを一掃させる
 ・発熱、鼻と目のカタル、鼻声
  声の嗄れ、むずかる子供
  発疹は顔と耳の後ろから始まる。
 ・はしかに類似の症状(薬害起因も)
◎Puls.(ポースティーラ/セイヨウオキナグサ)
 ・はしかのNo.1レメディー。
 (はしかの初期・中期・後期いつでも使える)
 ・喉が渇かない
 ・緑、黄緑の分泌物
 ・夜になると悪化
◎Acon.(アコナイト/ヨウシュトリカブト)
 ・はしかの初期に
 ・落ち着きがない、強い不安
◎Apis(エイピス/ミツバチ)
 ・発疹がなかなか進まない時
 ・顔や瞼のむくみ
◎Bry.(ブライオニア/ツタウリ)
 ・発疹がなかなか進まない時
 ・空咳、粘膜が乾燥しているので痛い
 ・喉がとても渇く

◎他にも、症状に応じてお勧めのレメディーがございます。
 「ホメオパシー的予防」をお持ちの方はぜひご覧ください!

◆ホメオパシーヘルプ(麻疹)
 http://www.homoeopathy.ac/taikendan/voice0301.php

※症状が激しく出る場合については、お近くの医療機関でご相談ください。

------------------------------------------------------------------------------------

2月24日より、全3回シリーズの「症状別にプロから学ぶ!症状別セミナー」が開催されます。はしかに限らず、日常に起こる症状についての対処法を、ホメオパスの先生から学ぶ講座です。

【1回目】
 日 時:2月24日(日)10:00-12:00 
 講 師:富田沙織 先生(大阪ライブ、全国中継)
 テーマ:風邪を乗り越えるレメディーetc
     風邪/インフルエンザ/発熱/下痢/吐き気と嘔吐

【2回目】
 日 時:3月17日(日)10:00-12:00 
 講 師:菊田雄介 先生(東京ライブ、全国中継)
 テーマ:怪我を乗り越えるレメディーetc
     怪我/火傷/打撲/捻挫/睡眠障害/不安/膀胱炎/便秘

【3回目】
 日 時:3月31日(日)10:00-12:00 
 講 師:田村翔子 先生(東京ライブ、全国中継)
 テーマ:イキイキと輝くためのレメディー
     肝斑/白髪/疣/抜け毛/唇のあれ/主婦湿疹/シミ

*告知なく変更する事があります

「症状別にプロから学ぶ!症状別セミナー」の詳細、お申込みは…
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/2019naturopathy_1.php