« 木の花咲くやシリーズ 新化粧品が追加されました! | トップページ | 1/18 由井学長によるホメオパシー的災害対策(公開講座) »

2019年1月12日 (土)

【再掲】 インフルエンザ対策の備えを!

2016/12/2 に掲載したものを再度掲載いたします。

インフルエンザの流行が今年も伝えられています。学級閉鎖なども出ている地域もあるようです。ワクチン接種については、ここをご覧になる方々は、いろんな判断材料や情報をお持ちではないかと思います。

このページでは、自分で自分や家族について、ホメオパシーを使ってセルフケアで守るための情報をお知らせいたします。

----------------------------------------
朝夕随分気温が下がってきましたね。
朝夜と昼の温度差から、体調を崩す人も多いようです。Ilm07_da31034s
「インフルエンザ流行の兆し!」というニュースも、先日
見たような気がします。しっかりと対策をしていきましょう。

何故、冬に感染が多いのか。。。

インフルエンザなどの病原菌は湿気に弱く、湿気があると
感染力が低下します。反対に空気が乾燥するとウィルスが
浮遊しやすくなる → インフルエンザが流行する

また、湿度は気温によって左右され、気温が下がると
湿度が同じでも空気中に含まれる水分量が減るそうです
気温の低下は乾燥に拍車をかけるのです。

気温が下がってきたら加湿器などを利用して、お部屋の
湿度を保つことも行いましょう!

◇ブルっと来たら
 Acon. (アコナイト/トリカブト)
 Ferr-p. (ファーランフォス/リン化鉄)
 Gels. (ジェルセミウム/イエロージャスミン)


◇学校や職場等、周りにインフルエンザ感染者が…
 Influ. (インフルエンザイナム/インフルエンザ)
 Oscill. (オスシロコチニューム/オシロコッキヌム)
 Eup-per. (ユーパトリューム・パーフォリアタム/フジバカマ)

  ※コンビネーションレメディーをお持ちならそれもとりましょう

◇もしも罹ってしまったらIlm11_bc02004s
 症状に応じたレメディー + ミネラルのレメディー を!

◇うがいにも、飲用にも
 カレンデュラチンキ、エキネシアチンキ等のハーブティンクチャーを!
  ※目安はコップ1杯のお水に10適

~参考記事~
◆風邪・インフルエンザに『手洗い』は有効か?(名古屋校ブログより)
 http://nagoya.homoeopathy.ac/2015/11/post-6930.html

◆風邪・インフルエンザに『マスク』は有効か?(名古屋校ブログより)
 http://nagoya.homoeopathy.ac/2015/11/post-0304.html