« とらこ先生の秋のお彼岸特別講演の実施!! | トップページ | 10/13(土)島根・松江でのとらこ先生最新講演DVD上映会のお知らせ »

2018年9月20日 (木)

母ちゃん顔晴るぜ!(145)

こんにちは。
日本ホメオパシーセンター大阪本部ホメオパスの富田沙織です。

久々にやらかしてしまいました、、、。
気を付けていたのに。
二度としたくないって毎回思うのに。
やってしまうアレ、、、。

そう、それは指スパン。Cst017ms
指をスパッと切るから指スパン。

夕飯の準備中、ピーラーでじゃがいもの皮を剥いていました。
小さいじゃがいもで、数をこなさないといけないので、
少し急いでいました。

でも、指スパンは嫌だからと集中して剥いていました。
しかし、悲劇は一瞬の油断で起こったのです、、、。
ラスト1個となった時、確かに気が緩んだのでしょう。
子どもに話しかけられ、答えようとしたその瞬間。

、、、スパーンッ!!

あっ!と思った時には、すでに遅いのです。

爪があったおかげで、かなり被害は少なくて済みましたが、
それでも薬指の先の一部が、明らかに足りないっ、、、。ひぃっ。

やってしまったものは仕方ないので、
圧迫しながら以前お友達に教えてもらった方法を試しました。

もし、そぎ落としてしまった皮膚が見つかるなら、S06121125_557a431507332
傷口を洗ってから、傷口にその部分を重ね、
Cクリーム を塗った絆創膏をする、というもの。

痛いのですが、なんとか血も止まったので、
引き続き夕飯の準備に取り掛かりました。

絆創膏をしていても、やはり水仕事は傷口に沁みる。
寝る前に絆創膏を張り替えようと、怖いもの見たさで傷口を見ると、
傷に乗せた皮膚がまだ少し生きているような感じでした。

強く触るとせっかくきれいに乗っている皮膚がズレそうだったので、
早々に再び絆創膏で蓋をし、切り傷に良いとされるStaph.(スタフィサグリア)や、
Calen.(カレンデュラ)のレメディーを入れたトンシャカ水を何度か
リピートしておきました。

翌日、まだ痛いものの、結構、皮膚っぽくなってる部分があって、
ホッとしました。乗せてた皮膚は、白っぽく固くなってましたが、
もう少しのせておくことにしました。

そしてさらに翌日、絆創膏が無くても大丈夫な状態にまで
回復してたのです♪古い皮膚は、役割を終えたと言わんばかりに、
何の痛みもなく傷口から離れてくれました。

痛々しいですが、新しい薄い皮膚ができ、Ilm18_be03004s
痛みもほぼ無くなって、本当に助かりました。

指先の傷って、少しだけでも本当に痛いですよね。

たった数日でも自由に使えないことが不便でしたし、
もう繰り返さないようにと毎回心に刻むのに、、、。

どうせ、またやっちゃうんだろうなと思いますが、
せめて回数が減るように引き続き気を付けていきたいと思います。

紙でやっても痛いですよね、、、。
指スパン、どうぞ皆さんもお気を付けくださいね!!

今回もお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
次回もどうぞ、よろしくお願いいたします。
  ___    ___    ___    ___    ___    ___    ___    ___    ___ 

富田先生が進行役を務める茶話会、好評開催中!

◆10月テーマ:「親と子の関係 ~躾(しつけ)について~」
 日 時 : 10月18日(木)10:00~11:30(月1回開催予定)Ilm08_ba05011s
 内 容 : 親子の絆を深めていけるような「しつけ」を考えましょう♪
      ・大人ルールの「しつけ」になっていませんか?
       子どもの目線で!
      ・叱ることと、怒ることは違うんです!
      ・自分が子供時代に受けた「しつけ」を、ついつい我が子にも…
________________________________________________________________________
S180809_3

富田沙織ホメオパス
 日本ホメオパシーセンター大阪本部
富田先生は毎週木曜日の健康相談会をご担当。
お二人のお子様をお持ちのママさんホメオパスですので、
子育て・育児でお悩みの方はぜひご相談ください!
「ホメママ 子育て茶話会」 好評開催中!!

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31