« CHhom大阪校にてプロフェッショナル4年制コースの授業で助産師の岡本富士子先生のライブ講義が行われました! | トップページ | 高野弘之先生とCHhom人気講師とのコラボ企画の開催決定!! »

2018年7月16日 (月)

【熱中症対策】 摂りたい食べ物・飲み物

前回は、どのような症状・兆候が熱中症なのかをご紹介しましたが、
今回は熱中症対策オススメの「食べ物」、「飲み物」をご紹介!

◆飲み物は…

充分な水分補給が望まれますが、冷たすぎると胃や腸にはIlm19_aa01036s
刺激となるため、温度にも気を付けましょう。また、一度にたく
さん飲むのではなく、少量をこまめに給水することが望ましいです。

発汗や排尿で脱水にならないためにも、利尿作用が少ないものを
摂るようにしましょう。カフェインによって利尿作用が働いてしまい
ますので、カフェインの少ないものを選びたいところです。

・カフェインの多い飲み物
  お茶(玉露)、コーヒー、栄養ドリンク類、コーラ、お茶(抹茶)、
  ココア、紅茶・お茶(ほうじ茶・ウーロン茶・緑茶・玄米茶)。。。
・アルコール類もトイレが近くなるので×

オススメは、「水」・「麦茶」。。。

日本の夏の飲み物の象徴「麦茶」には独特の香ばしい香りがIlm02_bd05007s
ありますが、その香ばしい匂いの成分であるピラジン類が
血流を良くして疲労回復にも良い事が分かっています。
カフェイン、タンニン含まないので、赤ちゃんや子どもにも
オススメできる飲み物です。

◆食べ物としては、

スイカ
 ほとんどが水分のスイカ。体を冷やして余分な熱もとってくれます。Ilm03_ab06017s
 糖分やカリウム、カルシウム、マグネシウム等のミネラルも豊富に
 含まれています。食べる時には塩をかけますが、少量の食塩を加える
 ことで、水分、ミネラルと一緒に塩分も効率よく摂取でき、スポーツ
 ドリンクと同じような効果が期待できます。ビタミンCも多く、糖分
 はエネルギーに素早く変わるため、夏のエネルギー補給にピッタリの
 食べ物です。これも 「The 日本の夏」ですね。

夏やさい類(きゅうり、トマト、なす、オクラ、ゴーヤ、モロヘイヤなど)
 夏が旬の野菜や果物は水分が多く、体を冷やす作用があります。また、
 疲労回復に役立つビタミンB群や、体の調子を整え免疫力を高めてくれる
 ビタミンCも多く含んでいるため、熱中症予防に適しています。

じゃがいもS180703_011
 発汗時に失われるカリウム。カリウムが失われると細胞が
 脱水症状になります。じゃがいもは野菜の中でもカリウムの
 含有量はトップクラス。その他、ビタミンB群やビタミンC、
 ミネラルなど、熱中症予防に効果的な栄養素を多く含んで
 います。

■梅干し
 食塩、クエン酸ナトリウム、塩化カリウムなどが豊富に含まれ、Photo
 熱中症で失われやすい塩分やミネラル、そして疲労回復に効果的な
 クエン酸を最も効率よく摂ることができます。

ぜひ実践してみてください!

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31