« 3/29 アンコールDVD上映会 高野先生の「アメにも負けず、カゼにも負けない、つよい子供の育て方【第2回】 | トップページ | 3/31 自然派医師 高野先生と、自然療法家(ホメオパス) 新城先生のジョイント講演! »

2018年3月29日 (木)

母ちゃん顔晴るぜ!(120)

こんにちは。
日本ホメオパシーセンター大阪本部ホメオパスの富田沙織です。

3月といえば卒業式のシーズンですね。
先日、地元の中学校の卒業式が行われました。Ilm07_aa04012s

今年は例年に無いほどの暖かさ、というより、
暑いくらいの気候だったとのことで、
卒業式なのに変な感じだった、という声を聞きました。

確かに最近、急激に暖かさが増してますもんね。
街中でも、花が咲いてるのをよく見かけるようになりました。

あちらこちらが華やぐ中、桜が入学式までもってくれたら
良いのになぁと祈るばかりです。

たかが花、されど花。

あると無いとでは、やっぱり全然雰囲気が違いますものね。

私はずぼらなので、あまり自分自身から思い立って
花を飾ろうと思うことが無いのですが、
たまに何かの機会にお花をいただいたら、とても嬉しくなります♪

切り花なら、花瓶のお水の中に重曹を少し混ぜておくと花が長持ちします。
何日かごとに、切り口を新しくしてやるのも長持ちさせるコツです。

植物は邪気を吸い取ってくれるそうなので、
家にある間は大事にしたいですよね。

ずぼらな私ですが、高校生のころ、お友達からプレゼントされたIlm16_ae03015s
3センチくらいの大きさのサボテンを、数年かけて150センチまで
育て上げたことがあります。

なんの変哲もない観賞用のミニサボテンだと思うのですが、
水をやれば、やっただけ育ちました(笑)。

サボテンに水!?と驚かれるかも知れませんが、
その当時、何故か、そのサボテンが水を欲しがってるように
感じたんです。

根腐れするなら、私も「ああ、やっぱりサボテンに水は良くないな」と
思ったのでしょうが、根腐れどころか、伸びる伸びる、
横にも縦にもどんどん伸びる、、、。
面白くなって、水をやり続け、大きくなると植え替え、
としていくうちに100センチ超え。

部屋ではもう無理、となってベランダに出すことにしました。

寒さに弱いからダメになっちゃうかも、との心配もよそに、
それでも元気に成長を続け、数年後に150センチ達成!

その間に、子供まで生んでました(笑)。
子株というのか、小さいのが2、3個生えていて、さらにビックリ。

お友達からは私が謎の電磁波を出してて、
それで異常な成長をしているんやろうと笑われ、、、。

10年くらい前、さすがに寿命が来たのか、
最後は枯れてしまいましたが、本当に良く長生きしたと思います。

一緒に暮らした数十年間、いろんなものを吸い取ってIlm02_ab04003s
くれてたのかと思うと、本当にありがたかったですね。

あれからは日々の忙しさにかまけて、
植物は何も育てていません。
子育ても適当、、、アハハ~(汗)。

もう少し落ち着いたら、またサボテンを育ててみようかな、、。

いついかなる時も、花の美しさ、空の青さ、
自然のありがたさに感動できるくらい余裕ある自分でありたいものですね♪

今回もお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
次回もどうぞ、よろしくお願いいたします。
________________________________________________________________________
M180201_sdscn0203富田沙織ホメオパス
 日本ホメオパシーセンター大阪本部
富田先生は毎週木曜日の健康相談会をご担当。
お二人のお子様をお持ちのママさんホメオパスですので、子育て・育児でお悩みの方はぜひご相談ください!

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31