« 2/14(水)【大阪】ホメオパシー座談会 「チャクラを開くジェムレメディー」が開催されました。 | トップページ | お待たせいたしました!第7回 日本の農業と食のシンポジウム、「特設サイト」オープン! »

2018年2月15日 (木)

母ちゃん顔晴るぜ!(114)

こんにちは。
日本ホメオパシーセンター大阪本部ホメオパスの富田沙織です。

あっという間に2月も半ばが過ぎている!
1月は居ぬ、2月は逃げる、3月は去る、と言いますが、
本当に月日がビックリするくらいの早さで
過ぎ去ってしまっている感じです。

そして憂鬱な花粉の飛散がいよいよ本格的に始まりますね。Ilm19_ca01037s
ホメオパシーで花粉症対策を始めてから8年位になるのかな?

おかげさまで、昨年くらいから、ほぼ症状無しで過ごせているので
本当にありがたいです♪

以前は薬を強力な飲んでいても、年がら年中、
大量の鼻水やむず痒さに悩まされていたのに、
今や、マスク程度の防御だけで
毎日、快適に過ごせています。

素晴らしい♪

これはやっぱり、腸のケアに取り組んだことが大きいと思います。
腸は、第二の脳と言われるほど、大切な臓器です。
消化吸収を担うだけでなく、免疫のかなめでもあります。

日々の食生活では発酵食品を取り入れるようにし、3d403010
なるべく腸に負担をかけない生活を心掛けたところ、
いつの間にか、症状を感じなくなっていきました。

途中経過は凄まじいものがありましたけどね(泣)。

そして今なお続いている(主に皮膚症状)、、、。
それだけたくさんの老廃物が溜まっていたということです。

治癒の法則として、内から外、上から下、と治っていく
順番があるそうで、私も一応その法則に従って症状が
動いているようです。

皮膚症状に移行してから、アレルギーの症状は激減しました。
また、食べ過ぎたりするとすぐにお腹をこわしていたのですが、
今は下痢をするということも、そうそうありません。

実際、皮膚の痒みや湿疹があることは正直なところ、
まだまだしんどいですが、身体は明らかに以前より快適なんです。
風邪も引かないし、心身はものすごーく元気なんです。。

身体の深部で起こるアレルギー反応が身体の一番内側の
症状とすると、皮膚は身体の一番外側の症状です。

治る力で症状が内側から徐々に外側に向かっていき、
今、一番外側の皮膚に症状があるということは、
きっと終わりが近いということだ、と思って、日々頑張っております。

皮膚症状も、顔、首、肩と進み、今は手やお腹まわりと、
上から下へと進んでいるようです。

ものすごくゆっくりですが、私自身は確実に楽になってきています♪
そして、いろいろ勉強できてるなぁとありがたく思ったりもしています。

もちろんしんどいですし、痛いし痒いし見た目は悪いしで辛いのですが、
症状を通して、いろんなことを知り、人とのつながりが増え、
たくさん経験が増えたことも事実なんです。

今なお辛いですが、辛いということだけでは無かったなと思うIlm03_ab01015s
のです。もしこの経験が、いつか、誰かの辛さ軽減につながる
なら、本当に嬉しいです。

私の好きな言葉に、「歴史上、降り止まなかった雨は無い」と
いうものがあります。
どんなに辛いことも、きちんと終わる日が来るよ、という意味と解釈しています。

私の皮膚症状にも、きちんと終わりが来ることを信じて、
これからもホメオパシーやその他諸々の心身に良いことを駆使して
私自身を生きられるよう、取り組んでまいります♪

今回もお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
次回もどうぞ、よろしくお願いいたします。
________________________________________________________________________
M180201_sdscn0203富田沙織ホメオパス
 日本ホメオパシーセンター大阪本部
富田先生は毎週木曜日の健康相談会をご担当。
お二人のお子様をお持ちのママさんホメオパスですので、子育て・育児でお悩みの方はぜひご相談ください!

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30