« 【再掲】 父親の威厳とその代償 | トップページ | 今週のCHhomはイベント盛りだくさん! »

2017年7月30日 (日)

【再掲】 猛暑でない時期でも熱中症対策!

◆2015/07/06に掲載した記事をアレンジして掲載いたします
---------------------------------------------------------------
この時期も気を付けないといけないのが「熱中症」
Photo_2
夏本番の時期ももちろん注意しないといけないですが、
湿気の多いこの時期にも注意が必要です。
湿気が多いと、汗をかきにくくなるというのも関連します。

熱中症でも症状が重くなると、吐き気や倦怠感、
集中力や判断力の低下が起こります。命を落とす
ことにもつながりかねませんので、十分注意しましょう。

熱中症にはいくつか種類(段階)がありますので、
おかしいな??と思ったら我慢せずに水分補給や
休憩をとりましょう!!

◆熱けいれん
汗と共に体内のミネラル分が出て行き不足すること
からおこります。足や腕、腹部筋肉に痛みを伴った
けいれんが起こります。塩分・ミネラルの入ったIlm18_ad04008s
水分補給をしましょう。
  症状:手足がつる
     筋肉痛


◆熱疲労
大量に汗をかくと水分補給が追い付かず脱水症状に
なり、体のだるさや頭痛が起こります。塩分・ミネラルの
入った水分補給と共に、涼しい場所で衣服を緩め、
体を冷やし休んでください。
  症状:全身倦怠感
     悪心、嘔吐
     頭痛
     判断力の低下


◆熱射病
体温が上昇し高体温になり臓器障害(脳・心臓・肺や肝臓等)を
起こす危険性が高くなる。命にかかわる事があるので、
必要があれば医療機関を受診してください。
  症状:高体温
     意識障害(正常な反応が無い・言動の異常等)
     めまい


*水分+塩分・ミネラル補給が大事
◆水筒に入れるものPhoto_3
 ①藻塩
 ②ティッシュソルト:12種のバイタルソルト
      Calc-f Calc-p Calc-s Ferr-p Kali-m
      Kali-p Kali-s Mag-p Nat-m Nat-p
      Nat-s Sil

 ③マザーチンクチャー(必要なものをピックアップ)
      アルファルファ → 栄養吸収サポート
      アヴェナサティーバ → 脳・神経の問題
      カーディアスマリアナス → 肝臓の修復
      クラティ―ガス → 心臓の問題
      バーバリスブイ → 腎臓の問題
      ケブラコ → 酸欠
     ※ミネラルをサポートするチンクチャーがあれば②もカバーできてGood!


◆症状に合わせたレメディー
 ・体液の喪失 : Chin
 ・めまい : Chin-s Sal-ac
 ・異常な喉の渇き、乾燥 : Bry
 ・筋肉のけいれん : Mag-p Cupr 
 ・鬱血 : Bell Arn 
 ・消耗 : Carb-v Ph-ac Kal-p 
 ・失神、虚脱 : Op Gels
 ・吐き気 : Ip Ars Nux-v


くれぐれも、無理はしないで、体調の変化に十分ご注意ください!

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31