« CHhom大阪校、12月開催のイベント、セミナーのご案内 | トップページ | 12/14(水)セルフケアのためのレメディー実践7講座 その3! »

2016年12月 1日 (木)

母ちゃん顔晴るぜ!(53)

こんにちは。
日本ホメオパシーセンター大阪本部ホメオパスの富田沙織です。

相方の糖尿病騒ぎや日々の雑事の忙しさから、私自身の皮膚の
症状について、放置してしまっていました。

やっぱりストレスが最大の原因なんですかねー。
とっても悪化させてしまいました(笑)。

10月初めに子供達の運動会があったのです。Ilm16_cd04012s
その日がまた、台風と台風のちょうど間で、天気予報は曇りだった
のですが、もんのすごいピーカンになってしまって、、。

曇り時々晴れ、くらいに思っていたのに、真夏日レベルの日差し
でした。一応、日焼け止めはしていたのですが、広く日陰もない
運動場では、時期外れの強烈な日差しは防ぎようもなく、、。

凄まじいまでに焼かれてしまったのです(泣)。
目の周りから頬にかけて赤く、また口の周辺も赤く、、、。
赤いタヌキが、赤い泥棒ひげを生やしているかのようでした(号泣)。

相方の糖尿病発覚が9月中旬で、そのあたりから相方のケアに
集中してしまい、私のケアは後手になってしまってました。

普段通りの生活を続けているつもりだったのですが、先ほども
言いましたが、やっぱり命に関わってくるというストレスは
相当私の負荷になっていたんでしょうね。

じわりじわりと私の状態が下がっていっていたところ、運動会の
日差しで決定的にとどめが刺されたのだと思います。Ofk014s1

もう無理ーっ!!て、心身が叫んだのが聞こえた
ような気がしました(苦笑)。真っ赤に焼けた顔は
なかなか戻らず、そのうち皮膚がガビガビになって、
痒くて掻いたら血や汁が出て、また痒くて、、、の
繰り返し。

それでも、まぁなんとかなるかと、慢性病の対応ではなく、
急性病の対応でお茶を濁すようなことをしておりました。

当然、良くなるはずはありません、、、。

ようやく相方の症状が落ち着き、やっと自分にエネルギーを
向けなければならないことに気付く余裕ができました。

バイタルフォースが、一番治したいところに向かっていく、と
いうことに改めて気付かされました。

私は、命の危険がそれ程無い自分の皮膚症状より、命に関わる
状況の相方に元気になってもらいたかったんです。

その時は本当に必死で、そんな気持ちに全然気付いていません
でしたけど。

相方が落ち着いたことでようやく、じゃあ次はコッチね、って、
やっと自分に気持ちを向けることができたんですね。

落ち着いて、自分の症状にあったレメディーやチンクチャーをIlm11_aa05010s
きちんと選び、飲み始めると、一旦、数日間ブワッと出ましたが、
最近ようやく、徐々に落ち着きを取り戻してきています。

まだ時々、赤だぬきですが、泥棒ひげになることは、ほぼ無く
なってきました(笑)。

何事も、余裕がなければ上手くいかない、ということを学ばせて
いただきました!

一つのことに集中することも大事ですが、その他の、まわりの
一つ一つも同じように大切なことですものね。
その中に自分もいるっていうことを忘れないように心がけます♪

今回もお読みいただきまして、本当にありがとうございます。
次回もどうぞ、よろしくお願いいたします。
__________________________________________________________________________

Hom_1606富田沙織ホメオパス
日本ホメオパシーセンター大阪本部

富田先生は毎週木曜日の健康相談会をご担当。お二人のお子様をお持ちのママさんホメオパスですので、子育て・育児でお悩みの方はぜひご相談ください!

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31