« 4/10(日) 臨時休業のご案内 | トップページ | 4/10 京都シンポジウム 大成功で終了いたしました! »

2016年4月14日 (木)

母ちゃん顔晴るぜ!(21)

こんにちは。富田沙織です。

4月ですね。
環境がゴロっと変わってしまった方も多いでしょうね。
皆さん、張り切って疲れてしまってないでしょうか?
頑張り屋さんばかりですものねぇ。
Ilm19_ca06005s
環境の変化は、なにかと影響が大きいものです。
自分では気付かない間に、いつの間にか心身がダメージを
受けているかもしれない、ということを忘れないでくださいね。

「いやいや、そんなことはない!」
まず否定する癖のある人、ここを直しましょう☆

「そうかもしれない」
「そう言われてみたら、そうだね」

まず、受け入れてみませんか。
自分が思っているより、意外と、人は見ていてくれているものなんです。
特に、親しい、親密な人からの声って、本質をついていたりします。

そういう人が、心配の言葉など掛けてくれたら、
「ありがとう」と受け取って、自分の生活や行動を振り返ってみて下さい。

その後、自分に問いかけて、大丈夫か、そうでもないのか、
深く考えてみてください。
忙しくて考える暇もないわ~、となってる時こそ、考え時です。

「忙」は、「心」と「亡」、という字で構成されているそうです。
心を亡くす。

恐ろしいですね。心が死んでいる状態なのです。

心が死ぬと、感じることができなくなります。
喜びも悲しみも、生きてるからこそ味わえる感情。
生きながら死んでるなんて、なんてもったいない!!

簡単に、「忙しい」って言ってしまうのは、
自分で、心が死んでいることをどんどん認めて
しまっているようなものです。

言霊って、ご存じですよね。
言葉には本当にすごいエネルギーが秘められています。

何気ない、ほんの一言が、人を喜ばせたりも、
悲しませたりもできるのですから、
自分の発する言葉に責任を持たなくちゃいけないなぁと、
実感してます。Ilm18_aa02055s

「頑張ってるね、でも頑張り過ぎないでね」

自分が頑張ってない、と決めるのは自分です。

逆に、周りから見て、どんなに怠けているように見えようとも、
本人が頑張ってる、と言い切れるのなら、それは本当に
頑張っているのです(笑)

その後の到達点は多少違ってくるでしょうが、それでもいいじゃないですか♪

心を亡くさないよう、自分を大事に、愛して、日々楽しく過ごせることが
何より大事です。

「頑張ってるね」と声をかけられた人は、頑張り過ぎてないか、
ちょっとだけでも自分に聞いてあげて下さいね。

今回もお読みいただき、本当にありがとうございました。
次回もどうぞよろしくお願いいたします!
____________________________________________________________________________

Sdscf9997富田沙織ホメオパス
日本ホメオパシーセンター大阪本部

富田先生は毎週木曜日の健康相談会をご担当。お二人のお子様をお持ちのママさんホメオパスですので、子育て・育児でお悩みの方はぜひご相談ください!

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31