« 【京都シンポジウム】 ポスター貼っていただきました!日本ホメオパシーセンター大阪なんば 中西ホメオパス | トップページ | 【京都シンポジウム】 ポスター貼っていただきました!日本ホメオパシーセンター大阪箕面森町 船塚ホメオパス »

2016年2月19日 (金)

[開催報告] 2/18(木) ガイドブック別レメディー基本講座【ホメオパシー的予防】 ~ホームキットをもっと使いこうなそう♪~

CHhom大阪校ライブ、名古屋校・福岡校中継にて、
ガイドブック別レメディー基礎講座 「ホメオパシー的予防」(後半)で
ノゾースレメディー18種類が紹介されました。
講師は、日本ホメオパシーセンター大阪本部の由利敦ホメオパスです。

今日はノゾースのレメディーということで、ノゾースの元となる感染症について、
 ・どのような病気であるかをまず理解する
 ・ノゾースレメディーの特徴や活用法などが学ぶ
 ・ノゾース以外で感染症に合う身近なレメディーを学ぶ
が説明されました。

馴染みのないレメディーが多く登場しましたので、参加者の皆さんは
大変だったのではないでしょうか。。。皆さんレメディーの選択肢が広がって、
日々のホメオパシーライフに益々ご活用いただければと思います!

20160218osaka

◇紹介したレメディー(ノゾース名、レメディー名)

 Bac(結核菌)、Diph(ジフテリア)、Hepat-A+B(ヘパタイテス)、
 Herp-z(帯状疱疹)、Hib(ヘモフィルスインフルエンザ)、
 Inf(インフルエンザ)、Menin(髄膜炎菌性髄膜炎)、Morb(はしか)、
 Oscill(オシロコッキヌム)、Parot(おたふくかぜ)、Pert(百日咳)、
 Pol(ポリオ)、Rubel(風疹)、Scarl(しょう紅熱)、Staphyl(ブドウ球菌)、
 Strept(連鎖球菌)、Tetan(破傷風毒素)、Varic(水ぼうそう) (18種)


次回の「ガイドブック別レメディー基礎講座」は、
「ホメオパシー in Japan」をとりあげます。
 3/02(水) 10:00~12:30 CHhom大阪校ライブ(名古屋、福岡中継)
  講師:富田沙織ホメオパス
   Acon Ant-t Apis Arg-n Arn Ars Bell Bry Calc Calen
   Canth Carb-v Cham Chin Dros Ferr-p Gels Hep (18種)

 3/16(水) 10:00~12:30 CHhom名古屋校ライブ(大阪、福岡中継)
  講師:大久保知美ホメオパス
   Hyper Ign Ip Kali-bi Lach Lyc Mag-p Merc Nat-m Nux-v
   Phos Puls Rhus-t Ruta Sanic Sep Staph Sulph (18種)


お申込みはコチラです!
皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひお越しください!

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31