« 「新春ホメオパシートーク」開催致しました! | トップページ | 学校パンフレットをお送りいたします! »

2016年1月 7日 (木)

母ちゃん顔晴るぜ!(8)

富田沙織です。
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2016年最初のテーマですが、
「ホメオパシーとの出会い、そして飛翔」編の続きです。

人生は一度きり。
生きてきた中で何度と耳にしてきましたが、紛れもない事実だと
実感したのは、東北の地震があってのことです。

以前の私は、自己尊重があまり上手ではありませんでした。
自分は表に出なくていい。そっと静かに、誰にも迷惑をかけずに
生きなければ、、、。Phm26_0896s

表面上は自分のしたいことをして生きていると、人生に感謝し自分を
押し殺していることに気付かず、ただひたすらに、この人生が誰にも
迷惑をかけずに終わることだけを願って生きていました。

誰かが私のためにと、例えば誕生日をお祝いしてくれると言っても、
「私のためにそんな勿体無いことしないで(困)」、と思っていました。
誰かの労力をかけてもらうだけの価値なんて私には無い、と思い
込んでました。

気持ちはとっても嬉しいのに、心からは喜べない。
むしろ、罪悪感すらありました。自分からは、お友達に同じように
お祝いしたりできるのに、自分の為のものは受け入れられませんでした。

当時はインチャ(インナーチャイルド)なんて言葉も知りませんでしたし、
特別に自分が変だとも思っていませんでした。

手伝いを求めるのも下手でした。自分で頑張らなきゃ。だって他の人は
もっと大変なのにしっかりやってるじゃないか。迷惑をかけちゃだめだ。
もっと頑張ればできるはず。やらなきゃ、、。
ああ、思い返すと本当に痛々しいですね。

ある時、「そんなことしてくれなくていいのに、、、。私なんかに勿体
無いよ。」という私の言動を、お友達が癒してくれました。「勿体無く
なんかないよ。(私のことが)大好きやもん♪」今なお親友のその人は、
何回も何回も笑い飛ばしてくれました。

自分なんかに、という気持ちは簡単には無くなりませんでした。
「してもらっても、返されへんって思うねん。」と言った時には、
「みんな、返してもらいたいからやってるんじゃないで~♪やりたい
からやってるだけやし、返そうなんて考えなくてええねんで~♪」

確かにその通りです。自分はその気持ちでお友達に接しているのに、
何で自分に対してだけはそう思えないのでしょう?自分もみんなと
同じに扱って良いんかな。いやいや、みんな私よりできる人たちやし、
私はまだまだ足らんねんから、もっと頑張らな!!

何回も何回も、同じようなやり取りを繰り返し、心をほどいてもらいました。

大好きやで♪頑張ってるから助けたいんやで♪
そもそも先に助けてくれたん、そっちやん♪助けてもらったお返しやで♪
Hpsa3101cs_2
もらった温かい気持ちは、くれたその人だけにじゃなくて、いつか周りに送っていけばええんや、ということも時間をかけて教えてもらいました。

必死でもがいて、それでもだめなら、助けてって言って良いんだ。始める前から出来ないって言うのもありなんだ。どう生きるか、選ぶのは自分で、決めるのも自分なんだと、そう徐々に気付いていけました。気付いてなお、なかなか切り替えが出来ないのがインチャ問題の根深いところなのですが(笑)

カチコチだった私が、ホメオパシーを学ぶ為にお金をかけて学校へ
通いたいだなんて、良く決断出来たなぁと、今でも自分の想いの強さを
誇りに感じます。

子供はまだ小さいし、仕事に復帰したばかりだし、貯金もしなきゃだし、、
学費の工面はどうしよう、、、。出来ない理由はたくさんありました。
でも、やらない理由は無かったんです。
出来る出来ないじゃなく、やるかやらないか、でした。

やらなくて後悔するくらいなら、やってみてから後悔しよう!自分は
生きてる。生かされてるじゃないか。生きてる理由があるなら、ちゃんと
自分を生きなきゃ!強く思いました。やって出来なかったんだったら、
それでもいい!!

赤ちゃんがいるのに、仕事もしてるのに、専門学校なんて、と家族は
驚き心配しましたが、私のやりたいという気持ちを応援してくれ、学校
の間、子供を預かってくれるなど、本当にお世話になりました。

以前の私なら、迷惑かけるくらいなら、何もやらないでおこうと、ギュっと
自分の気持ちに蓋をして鍵を掛けてしまっていたことでしょう。でもホメ
オパシーをもっと知りたいという想いは、そんな自分をぶっ飛ばしてしま
う程、とてもとても強かったのです☆

今、まだまだ修業中ですが、今まで自分が経験して来たこと、ホメオパ
シーを通しての経験、学校で学んだこと、それら全てを皆さんと分かち
合い、少しでも楽に生きられるように手を携えていくことが最大の恩送りと
思っています。

誰にも迷惑かけずに生きよう、なんて思ってて、悲しくて淋しくておこが
ましかった自分。

「人」という字は支え合って出来ている!色んなことで迷惑かけてても、
それでも、出来る時に少しずつ恩送りが出来きていれば、それで良いん
だなぁ、と思えるようになっています。

子供にあげてたラストックスのおかげで、私の心の強張りも少し取れた
のでしょうか(笑)

私も皆さんもまだまだ発展途上、間違ってもいいじゃない、自分が楽で
いいじゃない、のスタンスで、日々楽しく自分も周りも緩めて顔晴って
いきましょう♪

今回もお読みいただき本当にありがとうございました☆
また次回もどうぞよろしくお願いいたします。
____________________________________________________________________________

Sdscf9997富田沙織ホメオパス
日本ホメオパシーセンター大阪本部

富田先生は毎週木曜日の健康相談会をご担当。お二人のお子様をお持ちのママさんホメオパスですので、子育て・育児でお悩みの方はぜひご相談ください!

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31