« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月23日 (火)

インナーチャイルドセラピスト養成コース第3期は11月からeラーニングもスタートします!!

  大好評のインナーチャイルドセラピスト養成コース(第3期)、今期よりご自宅に居ながら好きな時間にご覧いただけるeラーニングコースも開講致します。
 
  遠方から通うのが難しい・・・
 仕事の都合で休みがとれない・・・
 家事や育児に忙しくて・・・

 
 今まで通学が困難で受講を諦めていた皆様もeラーニングコースなら大丈夫!!
ご自宅のパソコンで動画サイトを見る感覚で好きな時間に都合の付く範囲で勉強を進めていただくことができます。
都合の付く日程にはライブの授業に参加いただくことも可能です。(有料1500円/1回)
(補講制度を活用し通学コースへ今からの合流も可能です)

お申込、お問合せはCHhom大阪校までお気軽にご連絡ください。
【CHhom大阪校】(営業時間 9:30~17:30 月火定休)
 TEL:06-6368-5350
 メール:chhom-osaka@homoeopathy.ac

◆資料請求・詳しい内容はこちら↓
 http://www.homoeopathy.ac/innerchild/

Ph_elearning_01

<インナーチャイルドセラピスト養成コース(第3期)
【開催日時】
 2014年9月~2015年7月 各回土曜日 
 10:00~13:00 (3時間×20回=60時間)
  ・2014年 9/6, 9/20, 10/11, 10/25,11/8, 11/15, 11/29,12/20
  ・2015年 1/17, 1/31, 2/7, 3/14, 3/28, 4/11, 5/9,5/23, 6/6, 6/20, 7/4, 7/25
  ※eラーニングコースは2カ月後より視聴可能
  
【講  師】
 由井 寅子学長 新城英一、菊田雄介ほか JPHMA認定ホメオパス  
 東 昭史 講師(フラワーエッセンスセラピスト)
【料  金】
 一般 20万円 
 ファミリーホメオパス在校生・卒業生 19万円(5%割引) 
 RAH/CHhom学生・卒業生16万円  

【無料開催】 10/5(日) とらこ先生に聞く!ホメオパシー健康相談 座談会

CHhom大阪校でのミニセミナー等のイベントはコングレスが終わるまで予定がございませんが、とらこ先生の注目のイベントが来月早々に行われます!

10/5(日) 10:00~12:30Iii
 とらこ先生に聞く!ホメオパシー健康相談 座談会
 「鬱、拒食症、過食とホメオパシー」


 とらこ先生の20年近くにわたるホメオパシーの臨床により開発されたZENメソッドは、心・体・魂を三位一体で治療に導く画期的な手法としてさまざまな難治のケースに用いられてきました。

 その経験に基づき、難病でお困りの方、健康相談をお考えの方などから質問に対して、とらこ先生がお答えしていく対話形式の座談会です。第4回目となる今回のテーマは、「鬱、拒食症、過食とホメオパシー」です。

 座談会の中では、実際のとらこ先生の相談会の様子やクライアントの皆さまのレメディーをとられての変化の様子もご紹介します。
---------------------------------------------------------------------
 日時 : 10/5(日) 10:00~12:30
 講師 : 由井寅子 CHhom学長
 会場 : CHhom大阪校(中継) ※東京校ライブ
 参加費 : 無料 ※事前予約にご協力願います
---------------------------------------------------------------------
◆座談会の詳細、第1回~3回の様子等はコチラからどうぞ
 http://www.homoeopathy.ac/11reserve/216_1.php

◆お申込・お問合せ
 CHhom大阪校 TEL:06-6368-5350

2014年9月18日 (木)

【和歌山DVD】 10/5(日)「子どもたちの復興! 薬やワクチンの害の解決法」DVD上映会

2013年12月にCHhom札幌校にて開催され、反響を呼んだ“とらこ先生の新生き方シリーズの第1弾”「子どもたちの復興! 薬やワクチンの害の解決法」がDVD上映会として和歌山の皆さまにもご覧いただけます!

薬やワクチンの害で苦しむ子供たちが後を絶ちません。裏に潜む隠された社会の実態にとらこ先生の鋭い視点でメスが入れられます。そして現代の子供たちを取り巻く現状や健康相談会で治癒されていく症例を通し、ホメオパシーでの解決法をお伝えします。
ホメオパシーを活用し自然で自分らしい生き方を手に入れるためのヒントがちりばめられた、とらこ先生の愛情あふれる講演です。

S_003

【和歌山】「子どもたちの復興! 薬やワクチンの害の解決法」DVD上映会
 場所:和歌山市内
 時間:10:00~12:30
 参加料:一般 2,000円  とらのこ会員 1,500円
-----------------------------------------------------

 お申し込み・お問い合わせ:
    カレンデュラの会 寺下様まで
    メールのみ受付Yukiaya692@ezweb.ne.jp
-----------------------------------------------------
 【特記事項】    
①お子様同伴も可能です。事前に年齢・人数をお知らせください。
②最少催行人数に満たない場合は、開催を延期する場合がございます。
③紹介する内容は、予告無く変更になる場合がございます。

2014年9月17日 (水)

「橙 bitter orange」 届きましたよ♪

豊受の新しい商品として、「橙 bitter orange」(橙の生搾りジュース)が発売されました。
漢字では「橙」と書きますが、もともとは「代々」と書くのが正しいということで、実が枝から落ちず、代々増え続けるところから来ているということです。子孫繁栄の象徴!おめでたい果実まんですね。

正月の鏡餅は橙をのせ「代々子孫が繁栄しますように」という祈りが込められているのです。原産はインドといわれ、中国経由で伝わった最も古い柑橘類だともいわれています。酸味が強く、さわやかな香りの果汁です。冬場の鍋料理には、ポン酢として欠かせないものですね。

★橙の栄養と効能効果
だいだいの酸味は、夏みかんなどと同じクエン酸で、ビタミンB1・,B2・Cの各種ビタミンも含みます。果皮にリモネン・フラボノイド・リモニンといった成分の精油が含まれています。皮を乾燥させた「橙皮」は、粉末にして健胃薬として使われています。食欲不振や胃がもたれてスッキリしないときなど、この橙皮を飲むと、独特の芳香とさわやかな苦みが胃を心地よく刺激してくれ、消化不良、胃炎など、さまざまな胃のトラブルに効果があります。おなかにガスが溜まって、苦しいときも、ガスの通りを良くします。

しぼり汁は、疲労回復やのどの渇きにも効果があり、風邪っぽい時にホットドリンクとして飲むととっても有効です。他にも・・・こんな作用があるのです。
 •交感神経系に活力を与える作用
 •有酸素運動と併用することで体脂肪を減少する作用

色々アレンジし、使ってみませんか!!

S

「橙 bitter orange」(200ml)
 1620円(税込)

2014年9月15日 (月)

コングレス、新しい情報がアップ!お買い物がお得に??

JPHMAコングレスまであと約1ヶ月。Ebjaeaag
着々と準備が進んでおります。

特設サイトの方も更新されております。今回は、
 ・由井寅子大会長からのメッセージ
 ・協賛企業ブース展示・セール企画

参加を決めてらっしゃる方はお楽しみに!
迷われている方はこのタイミングに!

コングレス参加費がお得になる「早割」は
今月末(9/末)までです。

コングレスの情報はコチラの特設サイトよりどうぞ。

2014年9月11日 (木)

運動会は父親たちの戦場?!

いよいよ9月に入り、学校や幼稚園も再開し、大きな学校行事も目白押しではないでしょか。我が家のこども達の幼稚園も、運動会の練習が本格化しています。

幼稚園・保育園の運動会となると、こどもたちの頑張りを見るのは嬉しいですが、お父さんも出場する機会もあり、ちょっと心配の種も。。。
 お父さんは競技で体が動くだろうか…
 お母さんは屋外での観覧で日焼けが心配… ⇒ その時はコチラをどうぞ

ということで…Ilm03_bb01010s

◎お父さんのためのレメディー講座
レメディーやマザーチンクチャーを使えば“ALL OK!”
と、簡単にはいきませんので、しっかりとからだの準備からやりましょう。

“オレはまだ若い!”、“まだまだ大丈夫だ!”
と思った方、要注意でしょう。気持ち先行で体がついて来ないパターンです。
ゴール前で華麗なヘッドスライディング~♪、サッカー風に例えると、岡崎選手のダイビングヘッド~♪となるかもしれません。

 駅まで走って息が切れませんか?
 階段駆け上がっていて、途中から足が上がらなくなりませんか?
 (この頃私が痛感している問題です)

 日頃運動をしない方は、体(筋肉・関節など)が硬くなっている、柔軟性がなくなっているので、それらをほぐす事から始めましょう。
 ストレッチやラジオ体操、ウォーキングやジョギング、簡単にできる事を毎日しっかりと継続しましょう。そうやって徐々に体をほぐしていきましょう。そういう時には、ティッシュソルトがサポートをしてくれます。特にCalc-f.(フッ化カルシウム)、Ferr-p(リン化鉄)です。毎日1粒でいいので、1ヶ月は続けたいところです。
 あと、少しの運動しかしていないにもかかわらず、準備運動の時点で筋肉や関節が痛くなりませんか?無理は禁物です。ぜひレメディーも併用して、ケガの無いように準備しましょう。Arn (ウサギギク)、Rhus-t. (アメリカ蔦漆)、Ruta (ヘンルータ)で、頑張った体を癒してくれる助けとなります!

あと、お父さんは見た目も大事!!(らしいです…)Ilm19_aa01030s

お父さんは若くてカッコ良く…と、こどもや奥さんに言われます。。。周囲の希望は高く、しかし現実はなかなか厳しく。。。笑

襟元ヨレヨレのTシャツ、汚れてくたびれたシューズなどは言語道断。たとえお父さんが早く走るための、「心肺能力」、「現実の運動神経」が難しいとしても、ちゃんとしたランニング用のシューズを用意し、正しく履くことで、その時の能力を最大限発揮するための準備を整える事ができます。あとは気持ちと、と、Max.の頑張りに掛かっています。(くれぐれもケガには注意しましょうね)

機能性に優れたシューズやトレーニングウェアやジャージで、カッコ良さもアップ!運動能力のロスを最小限に留めましょう!

本番に向けて…
しっかり寝ましょう。睡眠不足だと、最大限の能力を発揮できない可能性がありますし、集中力の低下やケガ、暑さに負けやすくなったり体調不良などにつながります。
食事も、なるべく体の負担とならなくてバランスのよい食事をとりましょう。緊張して眠れない?興奮して眠れない?Coff.(非焙煎コーヒー)のレメディーや、ヴァレリアナVelar. / セイヨカノコソウ)のレメディー、マザーチンクチャーをそんな時は使ってください。寝酒にちょこっとヴァレリアナのマザーチンキを入れても良いですね。飲みすぎ厳禁ですよ!

走る時のポイント
実際に走るときのポイントは以下の3点だそうです。
 ・しっかり腕を振る
 ・しっかりと前を向いて走る
 ・地面をつかんで押し出すように走る
すぐに結果が出るとは思いませんが、何らかのコンマ1秒でも早く走れるかもしれません。

----------- * ------------- *  ------------- *  ------------- * ------------

運動会が終わった後は、しっかり体のケアをしましょう。
この時にも、これらのレメディーが役に立ちます。Arn (ウサギギク)、Rhus-t. (アメリカ蔦漆)、Ruta (ヘンルータ)。他にも、Carb-v.(植物炭)も疲れている時にはオススメです。筋肉や筋、腱などの疲労が大きいようでしたら、しばらくの間ペットボトルや水筒のお水に、レメディーを各1粒ずつ入れてチビチビとる方法も良いと思います。スパジリックのRクリームや、天草ジェルRもGoodです!

ケガはしなかったですよね?Ilm20_aa07035s
ケガには、スパジリックのCクリームや、天草ジェルCがとても良いです!レメディーは、Arn (ウサギギク)、Calen.(キンセンカ)、Hyper. (オトギリソウ)などが一般的です。ケガの状態によってはレメディーも異なりますので、お近くのホメオパスにご相談ください。
骨折の疑い、長期に痛みが引かない場合は、お近くの病院へ行きましょう!

全国のお父さんの活躍を願っております!

天候の変化に注意しましょう

昨日は、都内で集中豪雨があったようですね。
北海道では、現在(9/11 9:45)も『大雨特別警報』が発令されております。
自然の脅威は侮れません。今はよくてもすぐに気象条件は変わるものです。

気象庁の発表する情報、都道府県・市町村の発表する情報にご注意ください。
まずは自分の命を大切に。

~以下 気象庁のホームページより引用~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「特別警報」とは
気象庁は、平成25年8月30日(金)に「特別警報」の運用を開始しました。

「特別警報」が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください。

気象庁はこれまで、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていました。これに加え、今後は、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼び掛けます。

特別警報が対象とする現象は、18,000人以上の死者・行方不明者を出した東日本大震災における大津波や、我が国の観測史上最高の潮位を記録し、5,000人以上の死者・行方不明者を出した「伊勢湾台風」の高潮、紀伊半島に甚大な被害をもたらし、100人近い死者・行方不明者を出した「平成23年台風第12号」の豪雨等が該当します。

特別警報が出た場合、お住まいの地域は数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。周囲の状況や市町村から発表される避難指示・避難勧告などの情報に留意し、ただちに命を守るための行動をとってください。

「特別警報」が発表されたら
すべての現象に共通すること
「特別警報」が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください。
•経験したことのないような異常な現象が起きそうな状況です。ただちに命を守る行動をとってください。
•この数十年間災害の経験が無い地域でも、災害の可能性が高まっています。油断しないでください。


 引用元:http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tokubetsu-keiho/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2014年9月 7日 (日)

【JPHMAコングレス】 由井大会長からのメッセージ動画がアップされました!

東京と大阪の大会事務局の方で着々と準備を進めております「JPHMAコングレス」。
コングレス特設サイトに、由井寅子大会長からのメッセージ(動画)がアップされました。
ぜひ一度ご覧ください!

 ◎コングレス特設サイトは、コチラ
 ◎大会長メッセージを見るには、コチラ

Douga

まもなく皆さまが楽しみにされている情報の1つが更新される予定です。
こちらもお楽しみに!

お申込み頂きますと参加費がお得になる、【早割】は今月末(9/30)までです!
ぜひお早めにお申し込みください!

 ★お申込は コチラ から

インナーチャイルドセラピスト養成コース第3期がいよいよスタート!

 9/6(土)インナーチャイルドセラピスト養成コース(第3期)、最初の授業が行われました。この日は入学を検討されている方の為の公開講座も兼ねて行われ、CHhom大阪校には40名近い方にお集まりいただきました。たくさんの方に参加いただき、教室内は大変賑わいました。
 誰もが必ず持っているインナーチャイルド。とらこ先生の生い立ちや他の方の経験を聞くことで自分の中のインナーチャイルドが揺さぶられ騒ぎ出します。だからこそ気付きがあり、成長できる講義となっていたようです。
 まさに今日のとらこ先生の愛情にあふれた講義によって、皆さんの内にしまい込んだ感情が刺激され、涙を流される方も多く見られました。自分自身で溜めこんだものを、これから1つ1つ吐き出して、見つめて、そして乗り越えていく作業を行っていきます。これからの1年がますます楽しみになる初回の講義となりました。

S_001 <大阪会場の様子>
初回講義の様子とアンケートはこちら↓
 http://www.homoeopathy.ac/08lectures/ics/201496.php

~参加された方のアンケート(抜粋)~
●インチャの大元である悲しみを癒すには、湧き上がった感情と向き合い「悲しみに戻る」というところが印象に残りました。感情から逃げてしまうのは道徳や価値観もありますが、悲しみに向き合うのは手間もかかるし、何よりこれまでの生き方、考え方が全てひっくり返ってしまうようで辛いのだと思いました。(でもその生き方、考え方だからこそ生きにくくなってしまうのですが)それから「一人一人の心の責任」という言葉も響きました。休ませてあげたり、見張るのではなく、居心地良くさせてあげたり、インチャに共感したりもっと自分を大事にすることから始められたらと思います。

●インナーチャイルドを癒すことは、今の自分を見つめることだと今日の話で特に強く思いました。今の自分の感情をつつみかくさず素直に見ること感じることが、自分のインチャが素直に出てくる事だと思います。人の感情に心から寄り添えるように自分のインナーチャイルドを見つめて行きたいと思います。ホメオパスとして人の心や魂に寄り添えるように深くゆっくり時間をかけてこれから学んで行きたいと思います。これからの学びは自分にとって大変なこともあるでしょうがワクワクもしています。各校皆さんの質問ととらこ先生のお話もとても感動的でした。

●自分のインチャを癒したいと思うのと同時に子供たちにインチャとなってしまうことを植え付けないようにしていかなくてはと思います。もっと子供たちを抱きしめて、イラッとすることをしても、何度同じ事を言わすんかっ!と思っても自分の価値観を押し付けるのではなく、子供たちが伸び伸びと心を出していけるような子育てをしていきたいです。ありがとうございました。


----------------------------------------------------
1年を通し全20回、宿題や演習を通し自ら参加し実感しながらインナーチャイルドを学んでいくこのコース。土曜日午前開催の通学コースの方には補講の制度(有料)もありますので、安心して受講が可能です。
通学が難しい方には、11月開講のeラーニングコースもございます。

第3期コース、引き続き受講者を募集しております!
お申込、お問合せはCHhom大阪校までお気軽にご連絡ください。
【CHhom大阪校】(営業時間 9:30~17:30 月火定休)
 TEL:06-6368-5350
 メール:chhom-osaka@homoeopathy.ac

◆資料請求・詳しい内容はこちら↓
 http://www.homoeopathy.ac/innerchild/

Innerchild

【インナーチャイルドセラピスト養成コース(第3期)】
 2014年9月~2015年7月 各回土曜日 10:00~13:00

 ※一般財団法人日本ホメオパシー財団認定 「インナーチャイルドセラピスト
  養成コース」とは、インナーチャイルドの意味と癒しの技術を学び、ホメオパシー
  レメディーとフラワーエッセンスを活用し、人生を楽に生きるためのコースです。
 ※今期より土曜日の午前中の授業となりどなたでも参加していただきやすいスケ
  ジュールとなりました。
 ※eラーニングコースで受講可能です。
 ※セラピストを目指される方だけでなく、ご自身のインナーチャイルドに向き合い
  癒していきたい方にもお勧めのコースです。

2014年9月 5日 (金)

9/6(土) [公開講座]インナーチャイルドセラピスト養成コース

Dscf3561CHhomの人気コースの1つ、「インナーチャイルドセラピスト養成コース」。このコースの第3期がいよいよ今月の9/6から開講いたします!

なんと、その第1回目の講義が公開講座となりました。
今期の受講を迷われている方、インナーチャイルドに関心のある方は、ぜひこちらの公開講座にご参加ください!

 ◆詳しいご案内、お申込についてはコチラから。

詳しい資料もご用意しておりますので、ぜひCHhom大阪校までお越しください。

 ◇CHhom大阪校
  TEL:06-6368-5350
  FAX:06-6368-5354

2014年9月 4日 (木)

エボラ出血熱には…

Img_6003最近のこの猛威に、世界中で注目されているエボラ出血熱。
とらこ先生がホメオパシー新聞内で、ホメオパシー対処法について解説をされています。ぜひ参考に、ご一読ください。

◆対象の記事はコチラ
 http://news.jphma.org/2014/09/jphma-21c4.html

2014年9月 2日 (火)

■最終回:9月3日(水)■ 暮らしに役立つレメディーの使い方「実践ホメオパシー講座」

Ilm07_aa21006s  初心者からヘビーユーザーまで、それぞれのレベルで役立つ情報盛りだくさんのホメオパシー講座の新シリーズがスタートします。
 3回シリーズで、急性の病気や怪我で困った時、慢性的な不調への対処の仕方、ホメオパシーを使った心の問題のケアなど、具体的にそれぞれの状況にあったレメディーの使い方を学んでいきます。
 日々の生活にホメオパシーを取り入れることで健康で自分らしい人生を送りましょう。
 席数に限りがございますので参加ご希望の方は早めにお申し込みをお願い致します。

最終回の「メンタルケア」については、心の問題への対処法を中心に、インナーチャイルドについても取り上げる予定です。お楽しみに!

--------------------------------------
◆開催日時:
 ①7月5日(土)10:15~12:45 「急性の症状」(終了いたしました)
 ②8月1日(金)10:00~12:30 「慢性の症状」(終了いたしました)

 ③9月3日(金)10:00~12:30 「メンタルケア」
◆会場:
 
CHhom大阪校(お申し込み 06-6368-5350)
◆講師:

 ①由利 敦ホメオパス
 ②山内知子ホメオパス
 ③麻野輝恵ホメオパス & 山内知子ホメオパス
◆参加費:
 各回 一般2000円 とらのこ1000円

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31