« 【お知らせ】 「スパジリックビー」R 特大サイズ 135g 発売 | トップページ | 7/26(土)「インナーチャイルドセラピストコースに興味のある方 集まれ!」 »

2014年7月12日 (土)

【体験談】 突然の下痢には…

(食事中・食事直後の方は別の機会にお越しくださいませ。。。)


ある日、昼食後しばらくしてお腹に違和感を感じました。Ilm19_ca06021s
トイレに行きたくなるような腹痛を感じ、
時間の経過とともにその痛みはどんどん強くなります。

お腹を壊すようなものを食べてはいませんし、
ずっと室内なので環境の影響も考えにくい。。。
クーラーもつけていましたが生ぬるい室温でした。

仕事の集中が切れるほど痛みも強くなり、
便意も増してきたのでトイレへ。。。

通常、便が出ればすっきりするのですが、
この日は渋ったような重い感覚と痛みが残りました。

いつもと状況が異なるので、レメディーを取ろうと、
いつも持ち歩いている緊急時に使うホームキットを開けました。
こういう時はArs.(アーセニカム/ヒ素)をまず選択するものですが、
ふと、レメディーに貼るシールに「突然の下痢、不安」と
書かれているレメディーが、フと目に入りました。

 そのレメディーは Bor.! (ボーラックス/ホウ素)Ilm19_cb02013s_2
  
今まで、下痢でとった事無かったのですが、モノは試しだと思い、Bor.のレメディーをとってみました。5分ほどで、渋っているような感覚が、スーッと消えていき、不快な感覚は全て無くなりました。
Bor.をちょっと見直しました。ありがとうBor.!


Bor. の下痢に関する記述をみますと、なるほどなるほど。。。
 CK193 食事の直後、腹部に下痢になりそうな痛み、昼寝の後には消える
 CK194 昼食後、腹部がグーグーと鳴り下痢をする
 CK195 食事の直後に下痢、関節と両脚に衰弱感を伴うが、歩いた後は改善する
 CK231 腹部につねられるような痛み、下痢を伴う
 CK247 昼頃に下痢、腹部内でグーグー、ゴロゴロと音が鳴る

ホメオパシーって面白いですね。。。

-----------------------------------------------------------------------
CHhom大阪校では、
 ・1つ1つのレメディーを学ぶ講座
   「セルフケアに役立つ 『レメディー55』」(全3回)
 ・症状に応じたレメディーを学ぶ講座
   「暮らしに役立つレメディーの使い方 『実践ホメオパシー講座』」
を開催しております。ホメオパシーに興味がある方、始めてみたい方にお勧めの講座です。是非一度、こちらにもご参加ください!

★お申込・お問合せ
 CHhom大阪校 TEL:06-6368-5350 (9:30~17:30)

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31