« 【期間延長!】冬季特別企画 ミニSCIO相談会のお知らせ | トップページ | 今注目のオメガ3?良質のものを上手にとりましょう♪ »

2014年1月30日 (木)

冬野菜は美味しい!霜が降りると甘くなる!

 冬に冬眠する動物がいますが、私達も同じように体の新陳が悪くなり、食べたものが上手く消化されなくなります。そこで冬野菜の出番です。旬の食べ物は、美味しく栄養価が高いと言われますが、その時期の人の体に良いものが多く含まれているのです。

 たとえば、カロチン、ビタミンC、食物繊維をバランスよくPhoto含む白菜は、便秘予防にも効果的。大根には消化を促す分解酵素アミラーゼが豊富に含まれていて、冬に衰えがちな胃腸の働きをサポートしてくれます。風邪の予防には、カロチンやビタミンC、鉄やカルシウムを含んだ小松菜。また、ネギのニオイの素である硫化アリルという成分は、ビタミンB1の吸収を高め、疲労回復に役立つと言われています。ネギは血行を促進する作用もあるので、風邪気味の時にも心強い食材です。ハウス栽培等で季節感が無くなり、旬がわからなくなっています。1年中出回っているほうれん草も、本当の旬は冬。冬採りの露地ものは甘みが増してくるだけでなく、夏採りのものに比べて3倍のビタミンCがあると言われています。

 冬に野菜が甘くなるのは… 寒さから自分の身を守るために、水分を減らして糖分を増していくからなのです。水分中の糖度が高くなることで、野菜は凍りにくくなるのです。水は0℃で凍りますが、砂糖水は0℃以下にならなくては凍らない─大根の上部が甘くなるのも、同じ理由からなのです。地表近くは外気温の影響を受けやすいので、寒さで凍らないように自ら糖度を上げているのです。逆に、地中深くにある先端部分が辛いのは、虫から身を守るためだとか。。。
 厳しい自然条件に順応しながらたくましく生き抜いている冬野菜には、栄養分は勿論、そういう生命力も宿っています。冬野菜で冷えた体を温め寒い冬を楽しく過ごしましょう。豊受の畑には 冬野菜が元気に育っています。糖度の高い甘ーい野菜を皆さん是非召し上がってください。

●CHhomショップでは、毎週木曜日・土曜日に、日本豊受自然農の新鮮野菜が入荷いたします。
●豊受野菜は、インターネットでもコチラからも購入が可能です!

Data_2 ←ある日の豊受農場の様子
日本豊受自然農ホームページ
日本豊受自然農Facebook

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31