« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月21日 (木)

【情報】中国から飛来する汚染微粒子への対応

隣国の中国の大気汚染の問題は、その汚染物質が風に乗って日本へも流入しているという報道もあり、健康への影響が心配されます。
日ごろの健康管理ももちろんですが、ホメオパシーでの対処法について、日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)のHPで紹介されております。
こちらもぜひチェックしてみてください!

◆日本ホメオパシー医学協会HP
 http://jphma.org/

◆中国から飛来する汚染微粒子への対応
 http://jphma.org/About_homoe/kousa_2013.html

2013年2月20日 (水)

【続報】 3/30(土) とらこ先生の大阪ライブ講演 テーマ決定!

テーマが決定いたしました。
開催時間等の詳細は、決定次第お伝えしてまいります。
もうまもなく、ご案内できるかと思います。
ぜひ今から、予定をおさえておいてください。
宜しくお願いします!

 テーマ: 「ホメオパシーの可能性 明日は我が身難病をのりこえろ」
 日時 : 3月30日(土) ※10:00~12:30(予定)
 場所 : CHhom大阪校(ライブ会場)
       CHhom各校中継(東京、札幌、名古屋、福岡)
 講師 : 由井寅子(CHhom学長)
 料金 : とらのこ会員 2,500円
       とらのこ会員ペア 2,000円
       一般 3,000円

 お申込み、お問合せ : CHhom大阪校(TEL:06-6368-5351)


この30日の大阪ライブの前には、第2回「日本の農業と環境シンポジウム」
京都で開催されますので、こちらも奮ってご参加ください!

↓昨年12月に開催された、大阪ライブ講演の様子↓

121209

2013年2月19日 (火)

2月・3月 CHhomオープンキャンパスのご案内

2月に入りようやくの兆しが見え始めてきました。
CHhomでは4月開始の各コースのご入学者募集に伴いオープンキャンパスとして無料公開講座を実施致しております。
CHhom学長でもあるとらこ先生の実際の授業を無料で体験していただけます。
一般向けの講演会とは違うホメオパシー専門校の学長としてのハイレベルなとらこ先生の授業をこの機会に是非体験してください。

あなたの人生を変える一言に出会えるかもしれません。
◆2月20日(水)14:00~17:40
 プロフェッショナルホメオパスコース公開講座
 「インナーチャイルド(インチャ)癒し演習」DVD上映

◆3月2日(土)9:50~13:30
 ファミリーホメオパスコース公開講座
 「ホメオパシー的病理」DVD上映

◆3月9日(土)9:50~13:30
 プロフェッショナルホメオパスコース公開講座
 「ホメオパシー病理 脳神経系②」DVD上映
 14:30~16:30
 プロフェッショナルホメオパスコースファミリーホメオパスコース対象
 在校生、卒業生とふれあう会

◆3月16日(土)9:50~13:30
 プロフェッショナルホメオパスコース公開講座
 「オーガノン講読」DVD上映

◆3月27日(水)9:50~13:30
 ファミリーホメオパスコース公開講座
 「予防と予防接種概説」DVD上映


プロフェッショナルホメオパスコース詳細はこちら↓
  http://www.homoeopathy.ac/2012/coueses/professional/index.html
ファミリーホメオパスコース詳細はこちら↓
  http://www.homoeopathy.ac/2012/coueses/family/index.html

2013年2月16日 (土)

◆終了。ありがとうございました◆ 2/17(日)【大阪・西九条】幸塾とらこ先生講演!

2/17(日)【大阪】幸塾とらこ先生講演
「愛の時代に向けて、いまホメオパシーにできること」開催されます。

 日にち:2月17日(日)
 時 間:10:45~18:45
      とらこ先生の出演は
15:35~17:05  ※時間が変更になりました
 会 場:クレオ大阪西 ホール(大阪・西九条) ※
アクセス
 出 演:近藤洋一、川田薫、大下伸悦、飯島秀行、由井寅子(敬称略) ※予定
 参加費: 3,000円 (当日支払 4,000円)


現在お申し込みが250名ほどになっております。お席に限りがございますので、参加を予定されている方は、事前予約をお勧めいたします。


1/12東京において「2013年 新春の集い」が行われております。
会場の様子・アンケートは、CHhomホームページ(コチラ)にて報告されております。東京での「新春の集い」は、早い段階で満席になったそうです。

Photo 東京会場の様子
大阪での今回のイベントは、とらこ先生以外にも、2012年JPHMAコングレスでも発表頂いた、皆さまにもおなじみの川田先生飯島先生大下先生が出演されますので、大阪会場も同様に、早くに満席になることも考えられます。
ご参加をご検討いただいている方は、ぜひ早めにお申し込みください!

「130217tsudoi.pdf」をダウンロード

2013年2月 7日 (木)

2/11(祝・月)日本の“原点”を考えるイベントが開催!

建国記念日にふさわしいイベントが開催されます。
皆さんは、日本という国をどれくらいご存知でしょうか。
日本を17年離れていたとらこ先生は、海外から日本を「なんて素晴らしい国だろう、なんて美しい国だろう、そして日本人の技術は世界でも最高峰である」と再認識されたそうです。
日本人が持つ助け合う気持ち、東北の被災地でも感じる事が出来ました。
とらこ先生が仙台、南三陸町、福島を訪れインタビューをする中で、被災地の方々の力強く活気に溢れた姿に出会いました。
建国記念の日に「日本」のことをもう一度見つめ直してみましょう。
皆様、ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください。

◆2013年2月11日(月・祝)10:00~12:30
 とらこ先生 建国記念日特別講演
 「日本の原点を考える =日本人と日本のすばらしさ=」
 http://www.homoeopathy.ac/11reserve/210_1.php
 東京校(ライブ) 札幌、名古屋、大阪、福岡校(中継)

2013年3月20・21日には「第2回 日本の農業と環境シンポジウム」も開催され、ますますとらこ先生の食や自然農への取り組みから目が離せません。
詳しくはこちら↓
 http://toyouke.com/kyoto2013/index.html

【2/9 発売】木の花咲くや新シリーズ ハーブ&野菜化粧水!

お肌だって、無農薬の野菜が食べたい!
 お肌だって、無農薬のハーブが飲みたい!


Image_bd055a_2生きた草・花・ハーブをつかった、生草花シリーズ第1弾!農薬・化学肥料不使用の、ハーブ&野菜を使用した化粧水が、2/9(土)より発売開始!

由井先生はこのようにいいました、「ある時80歳のおばあさんの肌がツルツルでしわ一本もなかったのです。そのおばあさんは自家で作ったヘチマ水をつかっていたのです。肌につけるものはなるべく自然なものをと思い自然農でヘチマ作りから始めました。」

<生草花化粧水おすすめポイント>
◆無農薬とレメディで育てた
ヘチマ水を煮沸せずに生きたままの状態で使用
◆乾燥肌にも、オイル肌にも、
適度のしっとり感で肌を保湿しツルツルの肌に!
◆防腐剤の
パラベンを一切使用しない無添加化粧品
92%のヘチマ水を使用!
◆容器も新たに変わりポンプ式に。中身の汚れを防げます
とらこ先生厳選のレメディとカレンデュラ入り
 とらこ先生おすすめNo.1商品です


 ■内容量:80ml
 ■価 格:2,940円(税込)

お買い求めは、各CHhomショップ、又はCHhomオンラインショップまで!

2013年2月 6日 (水)

2/10(日) 野口勲先生ととらこ先生による、タネを考えるイベント

3/20、21の京都シンポジウムのプレイベントを開催!
『タネが危ない』の著者でもあり、日本で数少ない伝統的な固定種・在来種を扱う種苗店を営んでおられ、この問題に取り組んでおられます野口のタネの野口社長をお招きして、現代の野菜の種の知られざる問題について話していただきます。
そして、豊受自然農を営み「自家採種のタネが最も大事な多くの理由」の講演でもいち早く日本の種の問題を取り上げられたとらこ先生と野口社長との対談が、ついに実現です!

 日時 : 2月10日(日) 10:00~ ※タイムスケジュールは下記参照
 会場 : CHhom東京校ライブ (札幌校・名古屋校・大阪校・福岡校 中継)


◇タイムスケジュール
 10:00~
   野口 勲氏 講演 「タネが危ない」
  対談 野口 勲氏&とらこ先生 「自家採種の種、自然農」

詳しくはこちら↓
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/210.php

2/10~2/14 バレンタインデー限定クッキー販売!

豊受自然農の農場から、チョコくるみ&チョコヘンプのクッキーが数量限定で発売!

豊受で作られる全粒粉のクッキーで味は2種類。
 ・チョコくるみ:豊受の畑の香ばしいくるみを使用。さらにチョコでコーティング!
 ・チョコヘンプ:人気のヘンプクッキーにチョコレートをコーティング!
※コーティングのチョコは、カカオの香り深いオーガニックチョコレート使用!

どちらもワームウッドのマザーチンクチャーに漬けこんだオーガニックレーズンと、Sacch.(ショ糖)、Choco.(チョコレート)のレメディーが入っています。
この2種類3枚をセットにした、プレゼントに最適な今だけのスペシャル商品です。
大切な方に、貴方の真心をそえて、スペシャルプレゼントしてみてはいかがですか?
1セット 3枚入り(チョコくるみ2枚、チョコヘンプ1枚)

 ◎販売価格:800円(税込)

お求めはCHhomショップ直営店 東京、札幌、名古屋、大阪、福岡へ
※数に限りがございます。売切の場合はご容赦ください。
Dscf7970

豆の力 1粒で3度美味しい利用法♪

日本には様々な行事があり、大事に継承されていますね。節分の豆まきも欠かせない行事の1つです。年の数だけ豆を召し上がりましたか。素朴な炒り豆も、たまに食べると懐かしく美味しいものです。硬いものを嫌う風潮ですが、健康的なおやつとして、年中あっても良いように思います。Sdscf8762
日本豊受自然農では、北海道洞爺で収穫した黒豆がありましたので、これで炒り豆をつくり、豆まきをしました。丁度スクーリングの日でもあり、学生さん達もポリポリと美味しく嬉しく召し上がっておられました。この炒り豆にお湯を注ぐと「黒豆茶」になり、香りも良く滋味豊かな健康茶となります。 お茶に使った豆は軟らかくなり、そのまま食べても美味しいですが、ご飯に炊き込むと簡単に「黒豆ご飯」の出来上がり!余すところなく使えます。炒り豆をミキサーで粉にすると「きなこ」にもなりますしね。冷凍庫にお餅が残っている方は、きな粉餅もお勧めです。

食べることばかりでなく、豆まきのうんちくを少し・・・・
Sdscf8765
そもそも節分の豆まきは、平安時代に宮中で行われていた「追儺(ついな)の儀式」に由来します。追儺の儀式とは悪霊や邪気祓いの行事で、桃の木で作った弓と葦(あし)の矢で、都の四門から鬼を追い払い、1年の厄や鬼を祓って新年を迎える行事として大晦日(12月末日)の夜に宮中で行われていました。
 また中国から暦が伝わると、立春が1年の最初の日ですから、その前日である節分は1年の最後の日である大晦日と同じ意味を持ちます。そのため、1年の厄を祓う意味を込め、いつしか追儺の儀式は、二十四節気上の大晦日である立春の前日に行われるようになり、豆まきの儀式自体を「節分」と呼ぶようになりました。

豆は鬼を払うものでもありますが、まめの『マ』は、悪魔の魔。まめの『メ』は、鬼の目のことで、また、滅するの『メ』です。
 豆まきには悪魔のような鬼の目すなわち『魔目(まめ)』にめがけて豆を投げれば、「魔滅(まめ)」すなわち「魔が滅する」という意味もあるのだそうです。

美味しく豆を食べましょう!!

2013年2月 5日 (火)

【レメディー】花粉症の季節、オススメレメディー

Photo花粉症の時期になりましたね。
健康相談会に来られるクライアントさんは様々なご相談で相談会に来られるのですが、花粉症のある方も多く、この時期になると花粉症の症状に合うレメディーを希望する方も多く居られます。
相談会に来られているクライアントさんは、健康相談を受けられている事もあり、どの方も少しずつですが花粉症の症状が緩やかになってるとおっしゃっています。
※毎年、花粉症の症状が出る方は、体質の見直しも含めて健康相談会に入られる事をお勧めします。

今、ニュースでは九州から近畿にかけて、中国から飛んでくる大気汚染物質が話題になっていますね。毎年、花粉症の時期と黄砂の時期はほぼ同じです。今回の大気汚染の物質は極めて小さく、スギ花粉よりももっと小さいそうで、目や鼻の痒みだけでなく呼吸器への影響があるようです。
先月、由井先生が福島に講演会に行かれた際、目がチカチカとし喉がイガイガした状態になり、放射能の影響を受けていたのだろう…とお話でした。まさしく今の大気汚染の症状と似ていますね。
放射能は、スギやその他の花粉や埃を吸着してしまうようです。
現在の大気汚染には、放射能のレメディー、黄砂のレメディー、大気汚染のレメディーも必要かも知れませんね。Photo_2

○ホメオパシーで花粉症の症状に対してさまざまなレメディーがあります。
 Euphr (ユーファラジア/コゴメグサ)
   :目に刺激性の流涙、瞼の灼熱感、刺激のすくない澄み切った鼻水
 All-c (アリューム シーパ/赤たまねぎ)
   :刺激性の鼻水、目には刺激のない涙、目が赤い、温かい部屋、朝のくしゃみ
 Sabad (サバディラ/メランタケア)
   :くしゃみ。まぶたが焼けるよう、鼻が痒い、焼けるような涙、鼻がむずむず
    痒くなりかきたくなる。左右交互の鼻づまり
 Ars (アーセニカム/三酸化砒素)
   :水っぽい焼けるような鼻水、絶え間ないくしゃみ、熱い涙で目が焼けるよう、
    目の周りのはれ
 Nux-v (ナックスボミカ/マチンシ)
   :目の充血、春の結膜炎、寝おきの痙攣性のくしゃみ、夜の鼻づまり、
    水っぽい辛い鼻水 
 Puls (ポースティーラ/セイヨウオキナグサ)
   :瞼の炎症とかゆみ、目から濃い分泌物、刺激性のない鼻カタル、
    温かい部屋の中で鼻が詰る。頻繁なくしゃみ
 Arund (アルンド/葦)
   :口蓋と結膜の灼熱と痒さで始まる花粉症 鼻孔と上あごに嫌な痒み。

※慢性的な花粉症には上記のような植物のレメディーは一時的な症状の緩和にはよいですが、根本的なマヤズムに対するレメディーも必要ですね。

また、CHhomで好評開催中の7回シリーズ、「賢い母さん 実践ホメオパシーコース」の第3回目(2/13開催)は、「免疫強化!花粉症対策」が、大阪ライブで開催されます。
じっくりと、花粉症に対する傾向と対策を考えませんか?

2013年2月 2日 (土)

3/3(日)映画「うまれる」上映&とらこ先生講演会「女性が幸せになること、それがすべての原点」の開催決定!

女の子の節句、三月三日にひな祭りスペシャル企画として、「自然な妊娠、自然な出産、自然な子育てを考える」をテーマに講演会&上映&自然トークイベントが開催されます。
「子供は親を選んで生まれてくる」という胎内記憶をモチーフに、命を見つめる4組の夫婦の物語を通して、自分たちが生まれてきた意味や家族の絆、命の大切さ、人との繋がりを考える、ドキュメンタリー映画「うまれる」。
この話題の映画「生まれる」を上映と豪田監督をゲストに迎え、とらこ先生、出産の現場に寄り添う助産師の方々とのトークセッションが開催されます。
そして午後からはとらこ先生の講演で「自然な妊娠、出産、子育てについて女性が幸せになるための大切なメッセージ」をお届けします。

 日時 : 3月3日(日) 10:00~ ※タイムスケジュールは下記参照
 会場 : CHhom東京校ライブ (札幌校・名古屋校・大阪校・福岡校 中継)

◇タイムスケジュール
10:00~13:00 映画「生まれる」上映
         自然トーク(豪田トモ監督&とらこ先生&助産師のみなさん)
14:00~16:30 とらこ先生講演会 
                  「女性が幸せになること、それがすべての原点」

詳しくはこちら↓
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/33.php

2013年3月20・21日には「第2回 日本の農業と環境シンポジウム」も開催され、ますますとらこ先生の食や自然農への取り組みから目が離せません。
詳しくはこちら↓
http://toyouke.com/kyoto2013/index.html

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31