« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月21日 (金)

チリモン(チリメンモンスター)って知ってます??

先日のTVで、きしわだ自然資料館に来ている子供たちが、
“チリモン探し”の実習をしているところを見ました。

  チリモン??
誰もが子供の時、食卓に出されたちりめんじゃこの中に、
小さなタコやイカを見つけてワイワイ楽しかった経験が
有ると思います。


実は、チリモンとはちりめんじゃこの中に混じっている、
小さな海の生き物達です。
夏休みのイベントで行われたことから、
静かな人気を得ているようです
(本も発行されています)
稚魚やクラゲ、貝などもあり、なかなかに楽しそうです。


これをきっかけに、子供たちがちりめんじゃこをご飯のおともに
してくれるととっても嬉しいなあと思いました。


ではちりめんじゃこ(縮緬雑魚)とは・・・ Ilm04_ca26002s
Wikipediaでは、イワシ類(カタクチイワシ・マイワシ・
ウルメイワシ・シロウオ・イカナゴなど)の仔稚魚を
食塩水で煮た後、天日などで干した食品。
ごく小さな魚を平らに広げて干した様子が、細かなしわを
もつ絹織物のちりめん(縮緬)を広げたように見えること
からこの名前がついた。魚そのものはシラスといい、
しっかり干さないものは、その名(シラス)で呼ばれる
こともある…とのことです。

生後1~2カ月の小さな体には、親のイワシに負けないほどの
健康パワーが秘められています。味付けは塩と太陽の光だけ。
自然のめぐみをそのままいただく健康食材です。

小さいとはいえ、一匹全体丸ごと(骨も内臓も)頂ける「全体食」なのです!!
海の中で良質のプランクトンを食べて育ったしらすは、その小さな体に、
良質なタンパク質やカルシウム、リン、鉄など、豊富な栄養と海のエキスが
たっぷりつまっています。
しらすの旨みはイノシン酸という成分で、鮮度が落ちると失われて
しまいますが、新鮮なうちに茹でることでイノシン酸を分解する酵素が
働かなくなり、その旨みを閉じこめます。口当たりもふんわりとして食感が増し、
さらに乾燥により旨みが凝縮されて、私たちの食卓にやってきます。
 また天日に干すと、しらすの体内でカルシウムの吸収を助ける
ビタミンDが増えます。実際に、親のマイワシと比べると、しらす干しは
カルシウムが約 3倍、ビタミンDは約 4.5倍です。ちりめんじゃこでは、
カルシウムは約 7.5倍でビタミンDは約 6倍※。
そのままでいただくのはもちろん、様々な料理に応用できるのも魅力。


そのまま、おやつやおつまみに、またいろいろな手軽に色々な料理に
アレンジできる便利な食材です。
ミネラル不足の解消に、是非役立てたいですね。
合わせて吸収を高めるためにティッシュソルトや、骨に良いマザーティンク
チャー(モラス・エクイシータム等)を合わせてとられると、より効率的です!


ちりめんじゃこを見かけたら、このお話を思い出していたけたらありがたいです。

2012年9月20日 (木)

ホーリーバジル

ホーリーバジルは、ヒンドゥー語でトゥルシーSimg_7159
(「比類無きもの」の意味を持つ)と 呼ばれています。
英語では、「聖なるバジル」といわれます。

インドの家庭では庭先に植えて、毎日、その生葉を
食べることによって、健康を維持しているそうです。
ホーリーバジルは『医者いらずの薬草』と言われ、
「家にトゥルシーがあれば、病気や不幸は、その家に
入ることができない。」と言う諺(ことわざ)があるそう
です。

インド伝承医学であるアーユルヴェーダの中でも、
多くの薬効があるハーブとして使われていて、風邪、
頭痛、胃の症状、炎症、心臓病、様々の中毒、マラリア
などに使われます。

免疫をあげ肝臓機能を高め神経系を強化し、血糖値も
下げる作用がある。また、体に蓄積した毒素を体外に
排出する作用があるようです。

また、このバジルを植えると周辺の雑菌や病原菌がいなくなると言われています。
(蚊やハエの駆除になるようです)
また、空気を浄化するとも言われています。

色々とネットで見てみると、素晴らしいハーブのようなのです。私もインドの
家庭のように庭先に植えてみたいなぁという気持ちになりました。
まずは、生のホーリーバジルをハーブティーにして、夏の体の疲れを
取るのに試してみたいと思います。

皆さまも生のホーリーバジルやミントなどの楽しんでみませんか。

2012年9月19日 (水)

コーヒーと消化の関係。そこにはすい臓が…

皆さんコーヒーはお好きですか?
先日、ミニセミナーコーヒーと膵臓についてお話をしました。
コーヒーとすい臓?何の事と思われますよね。

簡単にすい臓の働きをお伝えします。
すい臓は、炭水化物、タンパク質、脂肪を分解できる消化液を十二指腸に
分泌していて、食べ物の消化に大きく関わっています。まず口から入った
食べ物は歯で噛み砕かれ、唾液と混ざり合います。
ここでも良く噛むことが大事ですね。
その後、胃ではたんぱく質消化酵素と胃酸で消化されます。消化された
食べ物は十二指腸に送られます。その際に強力な胃酸を含む食べ物が
十二指腸に流れ込みます。この強力な胃酸を中和するのが、すい臓から
分泌されるすい液です。
すい液は弱アルカリ性で胃酸を含む食べ物を中和する仕組みになっています。

そこでなぜ、コーヒーとすい臓?という事になるのですが、Ilm16_aa05025s
コーヒー(カフェインを含む刺激物)を飲むとすい臓が反応
して、すい液の分泌がおきるのです。十二指腸に食べ物が
あろうが無かろうが無駄に分泌され、その後すい液が
出来るまでに3時間もかかってしまいます。

なので、必要な時にすい液が出なくなるのです。
(ということは、胃酸も中和できなくなるのです)
そして、すい臓を働かせ過ぎて疲労させてしまうのです。

食後の適度な時間にお茶を楽しむのはいいのですが、
のべつ幕なしに飲むことは気を付けないといけませんね。
ハーネマンもコーヒーについては薦めていませんでした。
体に対する影響を良く知っていたんですね。

2012年9月13日 (木)

【レメディー】 9月は運動会!

暑さも少し和らぎ、朝や夕方はだいぶ過ごしやすくなってきましたね。
もう少しすると、“夏”のカラダから“冬”のカラダに移行する時期を迎えます。
季節の変わり目は、どうしても体調を崩しがちになりますが、
そういう時期だからこそ、ホメオパシーで体調を整えていきましょう!

さて9月ももうすぐ折り返し地点となりますが、Ilm02_cd06001s
お子様やお孫さんがおられるご家庭では、
そろそろ運動会があるのではないでしょうか?

普段、運動しない・運動できないお父さん方が、
子供たちに良い所をみせようと、
“ハッスル” “エキサイティング” する事で、
筋肉痛、擦り傷、打ち身、捻挫…
最悪の場合には骨折してしまうお父さんもいるとの事です。
元保育士さん曰く、お父さんが怪我をしないようなプログラムに
最近は組むようにしているとのことです。時代でしょうか。。。

そうならないために、レメディーを事前にとって、怪我をしないようにしましょう!

 ◎筋肉痛にならないために、なってしまった時に Arn.、Rhus-t
 ◎ケガ全般 Arn.、Calen.、Staph.
 ◎捻挫 Rhus-t.、Ruta.、Led.
 ◎痙攣・足のツリ Cupr.、Caust.、Mag-p.、Nux-v.
  ※.カレンデュラクリーム、ラストックスクリームなどもいいですよ


何より一番の予防は、“無理をしない事”
皆が笑顔で終える運動会になりますように。。。

2012年9月12日 (水)

とらこ先生講演、「YouTube」にて公開中!

由井先生の講演が、You Tubeにて配信中!
----------------------------------------------------------
<ホメオパシーの魅力を50分に凝縮した、とらこ先生の講演>
今年6月、イギリスのロンドンでおこなわれた、
英国ホメオパシー医学協会(HMA)の夏季セミナーで話題となった、
とらこ先生の講演 『ZEN Homoeopathy』が、YouTube で公開されました。
内容は、2012年3月に行なわれた講演会を収録したもので、
ホメオパシーの基本原理をわかりやすく解説。
実際に心と体の病や問題が改善したケースの数々を、
写真と映像を用いてわかりやすく紹介しています。
これは見逃せません! ご家族やお友達にも教えてあげましょう!

JPHMA- YouTube 公式チャンネル
http://www.youtube.com/user/JPHMAPRESS
----------------------------------------------------------
百聞は一見にしかず…
ホメオパシーでの改善例をご覧頂けたらと思います。

2012年9月 5日 (水)

CHhom大阪校からのイベントのお知らせ!!

暑い夏も終わりホメオパシー講演会の季節がやってまいります。
この夏消耗した体力を取り戻すためにも、活気あるホメオパシーセミナーに参加して
鋭気を養いましょう。

9/9(日)13:00~15:40

和歌山「新・インナーチャイルドセミナー」DVD上映会
和歌山でも由井先生の講演会をDVD上映会でお楽しみいただけます!!
20120609

講師:由井寅子CHhom学長【DVD】
会場:和歌山市内(お申し込みの方に詳しい場所をご案内します)
参加費:一般 2000円  とらのこ会員1500円


9/25(火)10:00~12:30 
「セルケアに役立つレメディー55」第3回
大阪校での人気シリーズのレメディー勉強会も好評開催中。
3回目からでもご参加していただけます。
20120424

講 師:笹木眞里子(JPHMA認定ホメオパスNo.0257)
会 場:CHhom 大阪校
参加費:一般 2000円  とらのこ会員1500円


9/29(土)・30(日)第13回JPHMAコングレス
今年は中継をつないでCHhom大阪校でも受講可能に!!
「ホメオパシーはメタサイエンス(超科学)!」
 ~大事なものは目に見えない by 星の王子さま~
Ph_t1

メイン会場:東京・ベルサール神田
中継会場:CHhom各校(札幌校 名古屋校 大阪校 福岡校 沖縄校)
★コングレスのプログラムはコチラ↓
http://congress.jphma.org/program.html


10/11(木)10:00~12:40
京都・六地蔵「ホメオパシー的子育てセミナー」DVD上映会
ゆったり落ち着く自然派カフェでの開催です!セミナー後はランチもいかが?
320x320_rect_12584767 320x320_rect_12584768

講師:由井寅子CHhom学長【DVD】
会場:自然派カフェ「そら豆」(京都 六地蔵駅から100m)
参加費:一般 2000円  とらのこ会員1500円


10/28(日)13:30~16:10
神戸・三宮「新・インナーチャイルドセミナー」DVD上映会開催!!
神戸の皆様お待たせしました!自分のインチャと向き合ってみませんか?
20120610_osaka

講師:由井寅子CHhom学長【DVD】
会場:センタープラザ西館 
参加費:一般 2000円  とらのこ会員1500円


お申し込みはお早めに!!
CHhom大阪校までご連絡ください。

CHhom(カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー)大阪校
〒564-0062 大阪府吹田市垂水町3-9-9
TEL:06-6368-5351/FAX:06-6368-5354
E-mail:CHhom-osaka@homoeopathy.ac

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31