« CHhom大阪校からのお知らせ | トップページ | 【数量限定】木の花の咲くやシャンプー「洗髪と洗身《ミント》」≪本日発売開始≫ »

2012年7月29日 (日)

人体と水について

人間に必要な分は、1日にいったいどれくらいなのでしょう。
約900mlの分が呼気に含まれる蒸気として体外にはき出され、
皮膚表面からは感知できない程度に分泌される汗の、【不感蒸泄】による
分泌で体内から分排泄がされているとの事です。

また、体内の不要物質を出すには、Dscf6769_3 
尿として最低500mlは出ないと
いけないそうです。尿の出如何は
命にかかわる大切な問題です。
普通にしていても合計1400mlと
いうことは、夏はさらに・・・
分が不足すると血液も粘度を増し、
血管が詰まりやすくなります。
健康を保つには分の確保は必至
ですね。ちなみに体の分量は、
 胎児では体重の約90パーセント
 新生児では約75パーセント
 子どもでは約70パーセント
 成人では約60~65パーセント
 老人では50~55パーセント
ということですから、体を構成するがいかに大事かということが分かります。

せっかくとるなら良いの質を!! といきたいです。
大自然洞爺の湧を非加熱でそのままボトリングした生きた水、
「洞爺ほめ水」を飲みたいと思います。
また、野菜や果物が含有する分も「命の」と言えますね。
大地から吸い上げた貴重なは素晴らしいエネルギーに満ち、
体の細胞に自然に浸透していきます。

健康な体作りは、良いからです!

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31