« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

人体と水について

人間に必要な分は、1日にいったいどれくらいなのでしょう。
約900mlの分が呼気に含まれる蒸気として体外にはき出され、
皮膚表面からは感知できない程度に分泌される汗の、【不感蒸泄】による
分泌で体内から分排泄がされているとの事です。

また、体内の不要物質を出すには、Dscf6769_3 
尿として最低500mlは出ないと
いけないそうです。尿の出如何は
命にかかわる大切な問題です。
普通にしていても合計1400mlと
いうことは、夏はさらに・・・
分が不足すると血液も粘度を増し、
血管が詰まりやすくなります。
健康を保つには分の確保は必至
ですね。ちなみに体の分量は、
 胎児では体重の約90パーセント
 新生児では約75パーセント
 子どもでは約70パーセント
 成人では約60~65パーセント
 老人では50~55パーセント
ということですから、体を構成するがいかに大事かということが分かります。

せっかくとるなら良いの質を!! といきたいです。
大自然洞爺の湧を非加熱でそのままボトリングした生きた水、
「洞爺ほめ水」を飲みたいと思います。
また、野菜や果物が含有する分も「命の」と言えますね。
大地から吸い上げた貴重なは素晴らしいエネルギーに満ち、
体の細胞に自然に浸透していきます。

健康な体作りは、良いからです!

2012年7月27日 (金)

CHhom大阪校からのお知らせ

≪今後のイベント予定≫
この夏もCHhom大阪校ではイベント盛りだくさんで皆様のご来店をお待ちしております。今年の夏はホメオパシー三昧!!

20120721_0728_dvd_4

7/28(土)14:00~16:00
TPP対策 緊急上映会「モンサントの不自然な食べもの」

DVD上映会 参加費:1,500円

Toyoukeyasai_2

7/28(土)16:00~18:00
「自家採種のタネが最も大事な多くの理由」
講師:由井寅子 CHhom学長/農民(洞爺会場から中継)
参加費:一般2,000円 とらのこ会員1,500円 RAH・CHhom在校生・卒業生1,000円

20120610_osaka_3

7/29日(日)13:30〜16:00
【DVD上映】「潜在意識のクリーニング 新インナーチャイルドセミナー」
講師:由井寅子 CHhom学長(DVD上映)
参加費:一般2,000円 とらのこ会員1,500円 RAH・CHhom在校生・卒業生1,000円

20120729toya2_2

7/29(日)11:00~12:30
「ベランダ・お庭で、土地借りて 今年から農業始めよう! & 洞爺農園の植物とフラワーエッセンス」
講師:米丸輝久 日本豊受自然農・洞爺 農業従事者  東昭史 フラワーエッセンス研究家(洞爺会場から中継)
参加費:一般1,500円 とらのこ会員1,000円 RAH・CHhom在校生・卒業生750円

20120228_osaka_3

8/7(火)10:00~12:30
「セルフケアに役立つレメディー55(全3回) 第1回」
講師:第1回 由利敦 JPHMA認定ホメオパスNo.224(大阪校ライブ)
参加費:【各回】一般:2,000円 とらのこ会員:1,500円
※第2回は9/4(火)講師:麻野輝恵ホメオパスにて開催決定
※第3回は9/25(火)講師:笹木眞里子ホメオパスにて開催決定

20120811_nagoya_2_2

8/11(土)10:00~12:30
CHhom新名古屋校オープン記念 「緊急時対応とメオパシー」
講師:高田乃梨子 日本ホメオパシーセンター名古屋本部センター長(名古屋校から中継)
参加費:一般2,000円 とらのこ会員1,500円 とらのこペア割1,000円

20120711_nagoya_3

8/11(土)13:30~16:00
CHhom新名古屋校オープン記念
 「ホメオパシーが心と体の難病を治癒に導く」
講師:由井寅子 CHhom学長(名古屋校から中継)
参加費:一般3,000円 とらのこ会員2,500円 とらのこペア割2,000円

20110814_2

8/12(日)時間未定
「人生を幸せに生きるための奥義(仮)」

講師:由井寅子CHhom学長(東京校から中継)
参加費:一般3,000円 とらのこ会員2,500円 とらのこペア割2,000円

お申し込みはお早めに!!
CHhom大阪校までご連絡ください。

CHhom(カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー)大阪校
〒564-0062 大阪府吹田市垂水町3-9-9
TEL:06-6368-5351/FAX:06-6368-5354
E-mail:CHhom-osaka@homoeopathy.ac

2012年7月20日 (金)

ババ友

毎日庭に出ている母は、(狭い庭ですが通りに面しているので)通りがかった人に
時々声を掛けられます。
先日も初めて会った老夫人より、「お花がきれいね」と話しかけられたそうです。
それから話がどんどん広がり、趣味の手芸のことになり、
お互いの作品を交換するまでに仲良くなりました。

今年81歳の母は、「奥さん おいくつ?」と聞いたら、
「90歳」と返事が返ってきたと、とても驚いて報告してくれました。

細かい手芸ができるくらい目も見えて、手先も器用。姿勢も良くてきれいな人らしいです。
頂いた作品は、どれも心がこもった丁寧で几帳面な仕上がり。
人にプレゼントするのが楽しみとのことで、最近はお互いに情報交換して
とても楽しそうです。


いくつになっても楽しみを見つけ、興味を持ち続けることが若さの秘訣ですね。
そういう元気は先輩姉をみて、母も更に元気になったようです。
13年前に心筋梗塞で倒れてから、毎年入退院を繰り返してきた母ですが、
レメディーと食事の改善で、日を追うごとに元気になり、今では家事もこなし
随分と助けられています。
体も勿論ですが、心が元気でいつも感謝して毎日を大切に生きています。
いくつになっても回復する力があると、母を見て実感しました。

仲良しババ友、人生の良き先輩達。いっぱい色々な事を教えてくれますね。
いつまでも元気でいてください。


母の作品:
ふくろうのマスコットと鳥さんのマグネット
S_001_2_3
90歳のお友達の作品:隅々まで丁寧にきっちり作られています。おしゃれで素敵な方です。
S_002_4

2012年7月19日 (木)

「一般財団法人 日本ホメオパシー財団認定ファミリーホメオパス ホームキットアドバイザー」認定試験を開催!

CHhom(カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー)大阪校にて
ファミリーホメオパスコース卒業生の方の認定試験がありました。

合格された方には、
一般財団法人 日本ホメオパシー財団認定
 ファミリーホメオパス ホームキットアドバイザー
という資格が与えられ、ホメオパシー講演会の開催や、
家族や身近な方へホームキットを用いてのレメディー選択の
サポートをすることができるようになります。

皆様、真剣な面持ちで試験に取り組んでいらっしゃいましたが、
その後のファミリーホメオパス1期生のOB会「集いの会」では
和やかなムードの中久しぶりの同期生との再会を楽しんでおられました。

「集いの会」では日本豊受自然農で作られたジャガイモをふんだんに
使ったコロッケや、自家採取の種から育てられた新鮮無農薬野菜の
サラダやほめっこ米おにぎりなどがふるまわれ、由井学長を囲み
同じ食事を摂りながら、今後の活動について語り合うことで
ファミリーホメオパスとしての結束を固められたようでした。

大阪校でも中継を通して集いの場へ参加していただき、
全国の同志と一体となっていただくことができました。
これからも日本のホメオパシーの普及、振興に活躍をされることと思います。

Img_0546 S_004

2012年7月16日 (月)

低気圧と高気圧 酸素濃度が違うらしい!!

梅雨時は、何だか体が重くて何をするにも億劫になりがち。
「怠けているわけではないけど、気持ちがアップしないなぁ~」と感じる方も
多いのではないでしょうか。

また、梅雨に限らず、雨の前に具合が悪くなるということもよく聞きますね。
気温湿度気圧の変化に体の調節機能がついていかないことが原因なんですね。

そもそも気圧が低いということは、それだけ「空気が薄い=酸素が少ない」ということ
なので、梅雨の時期のように低気圧だと、酸素が少ないので副交感神経が
優位
になり、脈が遅く、リラックスして、それがすぎるとやる気が出ず、
体はだるくなり、耳鳴りやめまいが起きやすくなります。

反対に高気圧だと、自律神経は交感神経が優位になって酸素をたくさん
取り込もうとします。この時期は、このように副交感神経と交感神経の
振れ幅が大きくなるので、自律神経が失調気味になり、なんとなく不調に
なりやすいのでしょうね。

Carb-v(カーボ ベジ)やマザーティンクチャーのQueb(ケブラコ)で
酸素をしっかり取り込んで頭も体もすっきりさせましょう。

呼吸の大事さは、先日TVでもある整体師の方が、鼻から吸って口から吐く・・・
鼻から吸うときは姿勢を正して息が眉間または、脳天に突き抜けるように吸うと
良いと言っていましたが、なるほどそうするとしっかり酸素が入って
頭がクリアーになります。
生あくびが出るときなどにお試しください。

Img_5880 大きく息を吸いましょう♪

2012年7月11日 (水)

【レメディー】熱中症にならないために!

7月に入り、梅雨でぐずついた天候の日も多いですが、
晴れ間が見えると気温は30度を超えるような時期になってきました。

きっとこれからニュースで見かけるようになるのが「熱中症」。

Wikipediaより
熱中症(ねっちゅうしょう、Hyperthermia)は、暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称。屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こる。日射病とは違い、室内でも発症するケースが多く、年々増加傾向にある。その背景の一つとしてエアコンの増加による熱のこもりやすい建築物の構造の変化が挙げられる。。。。


気温、湿度、風の強さが強く関係しており、要は体内に熱がたまってしまい、体の機能が著しく低下する事から起こります。
おかしいかなと思ったら、涼しい場所で休憩をとるようにし、水分とミネラル補給を行いましょう。

ホメオパシー的には以下がオススメ!
 ◎Bell(ベラドーナ)…太陽の熱で悪化、高熱のNo.1
 ◎Ant-c(アンチモンクルーダム)…太陽の熱に耐えられない
 ○Bry(ブライオニア)…水分不足、頭の割れる感覚
 ○Glon(グロノイン)…太陽の熱で悪化、脈打つ感覚
 ○Sol(ソル)…太陽の光で悪化
 ◎ティッシュソルト

ぜひ、ミネラルウォーターに、「藻塩(もしお)」「ティッシュソルト」を入れ、
そこにレメディーとしては、「腎臓をサポートするもの」と、「今の症状に合うもの」
入れてとりましょう。
お水に入れてとることで、水分補給も兼ねることができて一石二鳥です♪

Img_7921  画像は、昨年夏の洞爺農場

2012年7月 8日 (日)

【7/7 大阪・天満橋】 とらこ先生・大下伸悦先生のジョイント講演開催!

7/7(土)七夕の日、大阪・天満橋の「エル大阪」において、
21世紀「幸塾」が主催する「にんげんクラブ・幸塾大阪地区月例会シリーズ賢者に学ぶ」にて、「心・体・魂を癒すホメオパシー治療の真実と症例集」をテーマにとらこ先生の講演が行われました。

講演では、とらこ先生が、心・体・魂を癒すホメオパシーについて、初めての方にも大変わかりやすく説明されました。ホメオパシーの原理、自然型農業について、レメディーについて、そしてホメオパシー健康相談での実際の症例報告(発達障害やインナーチャイルド他)が行われました。
皆さん頷きながら、また、とらこ先生のウィットに飛んだジョークには笑いや歓声が沸き起こり、終始アットホームな雰囲気で講演が行われました。

とらこ先生の講演に先立ち行われた大下伸悦さんの講演では、古事記1300年記念祭など「言霊」に関わるお話、 自らの人生を振り返った大切な気づきのお話など、大変深い内容の素晴らしい講演が行われました。

詳しい報告はこちら

Img_9397

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31